2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« The Summer Feast or Witches' Sabbat | トップページ | 今月の本・雑誌(2012年7月) »

Birthday Eve(誕生前夜)、その他

Libralybranch 昨夜聞かれたことを思い出し、調べてみる。昨日焼いた抹茶クッキーを包んだ袋に使った紙タグに書かれているのは「Plaisir de la vie」というフランス語。英語に変換すると「Pleasure of the life」(人生の楽しみ)と言うことになる。
 これとは別にフランス語が英語に取り入れられて「douceur de (la) vie [or de vivre]」という言い回し(いわゆる気取った言い方?)もあるようで、フランス語でdouceurは甘いお菓子という意味があるので、そちらの方がお菓子に使うタグの言葉としてはふさわしいのかも。

 金曜から読み始めた『華竜の宮』を一時保留して手に取った『白貌の伝道師』は、昨日の電車の中で一気に読んでしまい、再び『華竜の宮』戻る。1冊の本にするには文字数が少なすぎる。

 『華竜の宮』はなかなか読み応えがあり、かなり面白かった。で、2冊返却する本が出来たので、昼過ぎに図書館分館に向かう。歩いていくと焼けたアスファルトの持つ熱が靴底・靴下を突き抜けて直接足裏まで達する。図書館では昨日借りられなかった予約図書と前から気になっていた本を借りる。後者を追加でカウンターに持って行った時、係の人は貸し出し制限越えだと思ったらしく、無事貸し出し手続きが終了したことに驚いて声を漏らしていた。借りた冊数はちゃんと把握しているので、ご心配なく。
ほしおさなえ『天の前庭』(ミステリ・フロンティアの1冊)
上田早夕里『火星ダークバラード』(小松左京賞受賞作、『華竜の宮』が面白かったので、読んでなかったこの作品も借りる)

 この図書館分館のある建物だが、普通に見てもちょっと面白い形をしているのだが、グーグルマップの航空写真が更新された結果、上空からの姿も見えるようになったので、画面をキャプチャしてみた。
Bdcake201207 少し早いのだが今日は仔龍のバースディケーキを受け取る日。仔龍は超保守的なので選択権を与えると生クリームベースにフルーツの載ったものしか選ばない(ショートケーキでもバースデイケーキでも)ので、ここ数年同じものを頼んでいる。

 父と夕食を共にし、食後に仔龍のバースディ・ケーキを出す。先日、「ためしてガッテン」で紹介されていた方法でケーキ切ると断面が美しく分割された。1/3が仔龍の取り分、残りの2/3を4人で分ける。ついでに3DSも本日伝達。

 夕食後、歩きに行く。Google Mapによれば3.7kmくらい。現場が始まると車通勤になるので、これまでのように通勤時間帯に歩くと言うことはなくなる。確かに太陽に曝されて体力は消耗するが現場に出るというのは身体を動かすこととはちょっと違うので、体質改善のためには出来る範囲で身体を動かしておきたい。先日の体育館当番の時も思ったのだが、夜8時を過ぎて歩くのは「体感温度」としてはかなり涼しいので、距離を調整すれば習慣化出来そうだというか、出来る感触がある。「お菓子作り」がそうなっているのだが、強迫観念の1・2歩手前まで精神状態を持ってくる(要するにマイブーム状態)とあまりストレスを感じることなく続けられるようだ。それに夜だと歩きながらiPodから流れてくる音楽に合わせてエア・ボーカルしていても目立たないし。

« The Summer Feast or Witches' Sabbat | トップページ | 今月の本・雑誌(2012年7月) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/55307134

この記事へのトラックバック一覧です: Birthday Eve(誕生前夜)、その他:

« The Summer Feast or Witches' Sabbat | トップページ | 今月の本・雑誌(2012年7月) »