2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 夜はワークショップの休日 | トップページ | 今週の音源(7/17から7/20) »

病院の夜

Pulsleep 予想より早く病院の個室(サンルーム付!)が空いたので、病院に一泊して終夜ポリグラフィー検査を受ける。心電図を取るから7時半に来るよう言われていたが、それはなくなり、9時前に体温、血圧動脈酸素飽和度を測る。体温が通常時よりも0.8度高かったが、急に暑くなって体温が下がりきっていないのか、代謝を高める漢方薬を服用しているためかは不明。血圧も普段より高め。酸素飽和度は通常値だったので、覚醒時における酸素供給には異常はないようだ。

 そして、左手首に検査機器を付ける。この機械は「パルスオキシメーターによる動脈血酸素飽和度と脈拍数、鼻カニューレの圧力センサーによる鼻呼吸といびきを測定」するものらしい。思ったよりも小さいもの(写真参照)で、病院によってはこの機器を貸し出し、自宅で計測する場合もあるようだ。

 あとは寝るだけだが、そう簡単に寝付けるわけでもない。持ってきた『サイラババード・デイズ』を読む。未来のインドを舞台にした連作短編で、未来なのに何だか懐かしい描写がいろいろ。10時過ぎには一応電気を消して寝る体勢に入る。眠りに落ちるのはいつもと変わらないが、時々目が醒めそうになる。たぶん、この時に無呼吸状態になっていて、脳が覚醒しようとしているのだろう。一瞬目が覚めて、手首の機械を見た時、酸素飽和度の数値が下がっていたと思ったのは夢か現か。

 眠りに入る時間が早かったので、目覚める時間も早くなる。4時前頃に意識がかなりはっきりしてしまい、それからは妄想混じりの浅い眠りと目覚めを行き来していた。その頃だと、他の病室でも動きがあって、病院全体で落ち着きがなくなってくる。6時過ぎに検査は終了(最初は採血もあると聞いていたがそれもなし)。家に戻ってくる。

 午前中は休みを取っていたので、皆が出かけた後で家事補完。燃えるゴミを集積場所に持って行き、資源ゴミをスーパーの回収ボックスに捨てる。家に戻り、麦茶を沸かしながら、溜まっていた食器を洗う。ガラスコップを洗っていた時にコップが割れ、右小指を切る。結構痛い。食器の次は洗濯物を干して一応家事補完終了。イオン飲料とお茶を携え、眩しすぎる太陽の下へ足を踏み出した。

« 夜はワークショップの休日 | トップページ | 今週の音源(7/17から7/20) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/55232662

この記事へのトラックバック一覧です: 病院の夜:

« 夜はワークショップの休日 | トップページ | 今週の音源(7/17から7/20) »