2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 入魂式 | トップページ | バーン=ジョーンズ-英国19世紀末に咲いた華@兵庫県立美術館 »

シデ作りと美術館の休日

Shide
 朝、集会所に集まり、シデ作り。中虎・仔虎と3人で参加。最初は竹の棒に飾りを固定するための穴を空けることから始める。穴を開け終わった後、飾りの取り付けを手伝う。三角形に切った色紙の端に穴を空けて束ねたものを竹の棒に固定し、一枚ごとに左右に折り分け、花が咲いたようにする。手伝うのは初めてで、なかなかうまく行かない、それでも5本ほど作り、昼前で作業は終了。今年は敬老の日の作業と言うことで老人会の先達にお手伝いいただけなかったのだが、本数を減らしたこともあって子供会中心で何とかなったようだ。

 作業後、家に帰る前に川を見に行く。潮位が高くなっているところに加えて、台風の影響で海から川上に向かって強い風が吹いているので、堰堤を越えて水が逆流していく。しばらく眺めていたが、最近気になっている魚影をはっきり確認できず。

 昼食後、兵庫県立美術館で開催中の「バーン=ジョーンズ」展の見学に行く。車で行ったのだが、事故を起こすようなことはなかったものの、何回かボンヤリしてしまいちょっと危なかった。展覧会の詳細は別立て。

 美術館の帰りに会社に寄ることも考えたが、思ったより遅くなったので止める。帰宅後、断続的に眠る。断続的に雨と強風が続く中、日課となっているNight walkに出かける。ここ二・三日右足首に違和感があるのと、重り入りの靴は滑りやすいので通常の靴を履いて出かける。再び、川に行き、水面を観察。夕方は収まっていた逆流が再び起きていて、昨夜ほどではないが魚影を視認。水は堰堤を越えているものの、魚の群れは堰堤を越えて上流には行かないよう。アオサギが飛び上がったとたんに風に流されたり、カモの一群が逆流する水を避けて魚道両側の水面より高い部分に集まっているのを眺める。強い風と断続的な雨のため、いつもの半分ほどの距離で止める。天候や体調による運動量の変化をなるべく抑える方法を見つけないと。

« 入魂式 | トップページ | バーン=ジョーンズ-英国19世紀末に咲いた華@兵庫県立美術館 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/55685804

この記事へのトラックバック一覧です: シデ作りと美術館の休日:

« 入魂式 | トップページ | バーン=ジョーンズ-英国19世紀末に咲いた華@兵庫県立美術館 »