2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« さよなら | トップページ | シデ作りと美術館の休日 »

入魂式

Nyuukonshiki
 隣町が新しい屋台を調えられ、入魂式にお招きいただく。

 法被を貸していただいて、ちょっと担ぐお手伝いをする。神事の後で缶ビール2本。

 途中であいにくの雨になったが、新しい屋台は無事宿に戻る。

 振る舞いでお昼をいただき、ここでも缶ビール2本。次は我が町の番と言われたが、なかなか難しいところだ(ただ、今の屋台は本棒にヒビが入っているので、そろそろ替えないといけないことは確か)。

 酔っぱらって家に帰り、少し眠る。昼間に酔っぱらうというのは非日常的行為で、たまにやる分には心地よいものだ。

 夕方、酔いを醒ましがてら図書館分館へ歩いていく。片道1キロ弱。予約図書は来ていないのだが、目についたハヤカワJコレクションを借り、三田誠『クロス×レガリア』シリーズの購入希望を出す。
 八杉将司『Delivery』(姫路市出身!)

 夜の散歩で橋の上から川面を眺める。最近、夜に橋を渡る度に魚が跳ねるような水音と街灯を反射する魚の腹部を見掛けることが多かった。今夜は新月でかつ大潮ということで上流から流れてくる水と侵入してきた海水が堰堤の部分でせめぎ合っているのだが、堰堤の下流側をよく見ていると、30から40㎝の魚が群れをなして泳いでいる。これまで水面の濃淡が水深の違いだと思っていたのだが、黒々と見えていたのが魚の群れであったことを初めて認識する。ボラか何かが産卵か何かのために汽水域に遡上してきているのだろうか。明日は昼間もいるのか確認してみよう。

« さよなら | トップページ | シデ作りと美術館の休日 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/55672969

この記事へのトラックバック一覧です: 入魂式:

« さよなら | トップページ | シデ作りと美術館の休日 »