2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 出勤とチョコレートの休日 | トップページ | 冷たい雨の代休 »

再びチョコレートの休日

 CHOCOLATE LINE「ヴィンテージブルージュ」を食べてみる。先日のエントリでは「4種類のガナッシュを3種類のチョコレートで包んだ」とカタログの記述を引用したのだが、食べてみると中がガナッシュのものとプラリネのものが半々(プラリネArthurとPiemonte、ガナッシュCaraselと名称不明)。粒子が細かく、私はどちらも美味しいかった。中虎はプラリネが苦手ということでしたが、ガナッシュの方は気に入ったよう。今回はオーソドックスなもの選んだのですが、機会があればちょっと奇抜なタイプ(Green Tokyoとかsaké等々)も食べてみたいもの。

 仔虎がYMCAの野外活動にいくので、太子キャンプ場まで送迎。集合時間までキャンプ場の中を彷徨いてみると霜柱の間にシカの足跡が散在している。植林されたサクラに獣害除けの網がめぐらされているわけだ。

 午後から図書館分館に行き、2冊返却して、予約図書を3冊借りる。『カンパニュラの銀翼』はとてもいい。次回作にも期待大。「ラ・パティスリー」シリーズ2作目もまずまず。架蔵されていなかった3作目も無事「発注中」に。
須賀しのぶ『帝国の娘(上・下)』
 『神の棘』が良かったので借りてみた「流血女神伝」シリーズ。本編だけでも22巻ある。でも、図書館に入っているのはこの2巻だけ。しかも、下巻は2冊、上巻は1冊しか架蔵されていない。誰かが上巻を紛失後、絶版未補充となったのだろうか?とりあえず、この2巻は新装版が出ているみたいだけど、あとは絶版?。
上田早夕里『ゼウスの檻』
 第2作目でストレートなSF。でも、帯を見た限りではジェンダーの問題を扱い始めている感じがする。

 朝松健『邪神帝国』の購入希望申請を出す。実はこの作品は既に所有しているのだが、私が持っているのは絶版になったハヤカワ文庫JAのもので、今回申請したのは創土社から再刊されるもの。なんといっても、創土社版はイラストが槻城ゆう子。この人は作品数は少ないのだがエンターブレインから2003年に出した『召喚の蛮名』は正統派魔術・クトゥルー神話コミックの傑作である。本来であれば、クトゥルー神話が家族内基礎教養である我が家の書棚に架蔵すべき作品であるが、昨今の厳しい財政状況に鑑み、図書館に買って貰うことにした。なお、創土社は昔C.A.スミス『魔術師の帝国』とかロード・ダンセイニ『ペガーナの神々』といったメイニアなファンタスィを出版していた。これらは今となってはハヤカワ文庫FTとか創元推理文庫になって絶版だが、高校時代に買い求めた思い出の本である。

 夕方、CACAO SANPAKAを中虎と食す。まずはトゥルファスから。4種類の異なった味が楽しめるが、Chocolate Lineの方がガナッシュの粒子が細かかったような気がする。つぎにカカオの旅。全部を食べたわけではないが、これはいい。幸せな気分になる。買ってきていただいた方に改めて感謝を。中虎の来年度買い上げリストにも記載。

« 出勤とチョコレートの休日 | トップページ | 冷たい雨の代休 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/56787638

この記事へのトラックバック一覧です: 再びチョコレートの休日:

« 出勤とチョコレートの休日 | トップページ | 冷たい雨の代休 »