2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« Cake of this month(March 2013) -"White Day" Special 承 | トップページ | Cake of this month(March 2013) -"White Day" Special 結? »

Cake of this month(March 2013) -"White Day" Special 転

20130314maccha
 3日目は抹茶のマフィン。これを選んだのは、昨年作ったケーキのうち、加古川のお姉様が一番気に入っていたものだから。東京で実際にチョコレートを買ってきたのはお姉様なので、ちょっとだけ気を遣ってみた。

 お姉様からは東京新宿花園饅頭の「ぬれ甘なつと」を混ぜ込むというリクエストをいただいていたのだが、地元デパ地下の品揃えが変わって2月に売っていた「ぬれ甘なつと」が消えていたことと混ぜものなしを希望する声もあったので、抹茶のみでいくことに。抹茶は地元城下町の茶舗のものを使用(ごめんね、京都の有名茶舗のものではなくて)。

 ハーフタイプのローフ型を使ってスライスした状態にするか、普通に紙の円形マフィン型にするかを迷った結果、抹茶系は仔龍が嫌いで、自家消費分も少ないからお渡しする分量が多くなる前者を選択(重量比で見ると前者で85%、後者で60%)。

 思ったよりも焼き時間が短くてすんだので、夜のうちに切り分ける。一番膨らんだ個所が少し中心軸よりずれたことと、切ってみると大きく気泡が抜けたところがあって、少し出来映えが不格好だが、ちゃんと焼けてはいるよう。一応、white day当日にお渡しするものなので、ごく簡単なものだけれど個別包装にしてみた。

 昨日のタルトもご好評をいただいて、嬉しい限り。特に自分では前回より台がうまく出来た感触があったので、そのあたりも評価していただけたのがありがたい。師匠は製菓用(裏ごし済み)じゃなく、通常タイプのカッテージチーズを使ったことに驚いていた。自称面倒くさがりの師匠は裏ごし済みタイプが手に入らない時点で作るのをやめるとか。材料に関する突っ込みがはいってくるのが師匠の怖いところだ。

« Cake of this month(March 2013) -"White Day" Special 承 | トップページ | Cake of this month(March 2013) -"White Day" Special 結? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/56953970

この記事へのトラックバック一覧です: Cake of this month(March 2013) -"White Day" Special 転:

« Cake of this month(March 2013) -"White Day" Special 承 | トップページ | Cake of this month(March 2013) -"White Day" Special 結? »