2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 法事と図書館通ひの休日 | トップページ | 今月の本・雑誌(2013年3月) »

三ツ山大祭と野鳥観察の休日

20130331mitsuyama
 弥生の最終日、三ッ山大祭の見学に行く。前回(1993)と前々回(1973)の三ツ山や前回(1987)の一ツ山を見ているのだが、「山」は見ても祭りは見ていないというのが正直なところだった。

 祭りを見に行く前に読み終わった『彗星狩り』と『恋閻魔』を返却。昨日見送ったSF1冊とレシピ本1冊を借りる。『彗星狩り』は前半だけだが、さすが星雲賞受賞作で良い感じだ。高橋由太はほのぼのとしているが、テキスト量が少ない。冊数調整には向いているけど。あと、1月頭に予約した『ソードアート・オンライン』の3巻だけが確保。ただ、1・2巻がまだ来ない。予約の取り消しができる状態なので、早くても来週かなぁ。
チャイナ・ミエヴィル『言語都市』
石橋かおり『デイリーマフィン&おめかしカップケーキ』

 昼食後に家族で出かける。御幸通りを歩いているとさっそく「晴明と道満の術比べ」の造りもの。造りものはスタンプラリーがあるようだったが、台紙が造りものとは別の場所にあるので、今回はパス。

 途中で弁慶の造りものを見、公式ガイドブックを200円で買う。公式ガイドブックをおいてあるところにもスタンプラリーの台紙はなし。

 ゆっくり目に歩いていたら、目的であった千人稚児行列の予定時間を少し過ぎてしまう。しかし、総社の南門に行くと、丁度稚児行列が境内に入っていくタイミング。ただ、この稚児行列は想像していたものと違って、稚児装束を着ている子供の年齢が幅広すぎるのと父兄も一緒に歩いているので、参加者の家族はともあれ、観光客目線からすると雑然としている上、写真写りもイマイチでちょっと期待はずれ(人数も少ないし)。

 続いて、三つ並んだ「山」を見る。家が建て込んでいる上、電柱とか色々邪魔なものはあるものの、壮観であることは確か。ただ、表面に飾られた人形の大きさとか数が少ないような気がする。まあ、これは山の正面が神社(北)に向けられているので、山全体がある程度見通せる南や東からは山の装飾が見にくいということもあるのかもしれない。

 神社で縁起物入りの福御籤を引いてみる。招福を表す「猫」の縁起物が欲しくて引いた籤だったが、結果は長寿を表す「亀」で結果は中吉。ちなみに、中虎は縁起物が福禄寿で、仔虎と仔龍は私と同じく「亀」であった。

 総社を出て、お菊さんの造りものを眺めつつ、歴史博物館で開催されている「姫路・城下町の祭礼」展の見学に行く。姫路城周辺のサクラもかなり開花していて、来週末には盛りを過ぎていることが予想された。

20130331kingfisher

 歴史博物館の展示は開催期間が三ツ山大祭に重ねてあって、展覧開催に合わせて新出史料の記者発表をするなどそれなりに気合いが入っている。展覧会は最初に重要文化財に指定されている「三ツ山ひな型」から始まる、このひな形と実際の山を比べるとやはり後者は装飾が少ないと感じてしまう。それはともかく、三ツ山大祭において文化財的なポイントとなるのは、指定物件が「ひな型」であって、祭りそのものではないこと。祭り自体が無形民俗文化財に指定されていれば、また違っていたかも。

 ともあれ、三ツ山大祭の歴史が一望できる展示で私がいた頃にはしばらく引っ込められていた県指定文化財「三ツ山祭礼図屏風」もしっかり出陳されていて、まずはめでたい。

 展示を見た後、シロトピア公園を散策。こちらもサクラが良い具合に咲いていて、昼間であれば表側(姫路城内)ほど人もいないし、花見には良いポイント。突然、仔龍がいなくなったので探してみると、途中で立ち止まり上を見上げている。普段、見掛けたことのない小鳥を見つけて、観察していたようだ。さっそく『日本の野鳥』で確認するとこの鳥はシジュウカラ。確かに、家の周りではあまり見掛けない小鳥だ。

 ひとしきりシジュウカラを見た後、清水門後から好古園方面へ向けて、内堀沿いを歩く。掘りの中をカルガモが泳いでいて、またもや仔龍が立ち往生。仕方なしにこちらも立ち止まっていると、姫山原生林側の枝に瑠璃色の小鳥が・・。仔龍も気がついて、観察しようと走り出す。カワセミである。まさか、お城の内堀にいるとは思わなかったが、4人でしばらくカワセミを観察。残念ながら餌をとる場面は見られなかったし、コンパクトデジカメには少し遠い距離だったのだが、仔龍は大興奮。三ツ山大祭よりもこっちが今日一番の思い出になったらしい。

 しばらく、カワセミを観察した後、帰路につく。好古園の裏側で今度は毛並みのつややかなトラ猫と遭遇。結構、人慣れしている猫でゆっくり近づくと逃げ出しもせず、くつろいで毛皮の手入れを始めた。なかなかハンサムな猫で、思わず何枚も写真を撮る。

20130331cat

 駅前のデパ地下で鎌倉紅谷の「クルミっ子」というお菓子を中虎が買う。クルミがたっぷり入った生キャラメルをクッキー生地に挟んだもの。第25回神奈川県菓子コンクールで最優秀賞を取ったお菓子らしい。中虎は気に入ったみたいで、それなりに美味しいけれど、生キャラメルとその食感が駄目な人には受けないかも。

 夜の散歩の後、中虎の新しいPCの調整。Windows8はなかなか判りにくい。一応、ディフェンダーを有効にして、定義ファイルをアップデートし、Windows Updateを済ませるところまでは終了。ただ、Office2010を2013に無償アップデートするにはMicrosoftのIDを取得する必要があるので、Outlookでメールが読める状態にするのが先。アカウントの設定は中虎がいないとできないが、中虎は寝てしまったので、この後の作業は明日に持ち越し。

« 法事と図書館通ひの休日 | トップページ | 今月の本・雑誌(2013年3月) »

Museum」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/57078273

この記事へのトラックバック一覧です: 三ツ山大祭と野鳥観察の休日:

« 法事と図書館通ひの休日 | トップページ | 今月の本・雑誌(2013年3月) »