2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« Cake of this month (May 2013) | トップページ | オルガンの休日 »

今週の音源(5/8から5/10)

 今週は家庭訪問週間なので、仔虎と仔龍は授業が午前中だけでうらやましい限り。といいがらも、歯医者やこまごまとした用事を言い訳にして、早退続きの私。何かのアレルギー症状としつこい肩凝り(眼鏡をかけても作業部屋の蛍光灯がぶれてい見えるのは乱視が進んでいるのだ)といった体調不良と気分が低空飛行なのも影響している。

 それはともかく、肝心なのは家庭訪問。特に仔虎は最終学年なので担任の先生との意思疎通は必要だ。仔龍の先生によると仔龍は学校では極めて大人しいそうで、「家では女王様キャラです」と伝えると驚かれたらしい。仔虎の先生には進路について相談。志望校の一つである県農はレベルが高いと言われたらしい(要するに今の成績では無理ということか)。林業関係だけではなく、県農以外の園芸科なども考えてはどうかという助言があったみたい。

 家庭訪問の余波で、久しぶりにルドルフのケーキを食べる。紅茶は仔虎が修学旅行土産に買ってきた「和紅茶」。先生に出す予定のものが一つ余ったので、コーヒームース+チョコレートスポンジ系をメイン、チョコレートムース+チョコレートスポンジ系をサブでいただく。こういった多層の組み合わせ式はまだ自分では作れないしね。いつもの「フィレンツェのトルコ石」が先生用に使用されてしまったので、「妖精王」(リー)のカップを使用。ムースの中にチョコチップが入っているのはなかなか面白いなぁ。

20130509oberon

 シュークリームは一応好評。師匠の評価は「ちゃんと膨らんでシュークリームになってたじゃないですか」。また、連休中のお菓子については「おいしかったですよ」と口調がご機嫌斜め(?)。まあ、勘気を被った身(?)としては嵐が納まるのを期待するしかない。と書いたところで、前のエントリーが「March」になっていたことに気付き、「May」に修正。我ながら、よほど穏やかな日々に帰りたいらしい。

 今回参考にしたシュークリームの基本レシピは9個単位で、今回はSSのメンバーと中虎・仔虎・仔龍の分だけ。そのため「+1」さんには渡せなかったのだが、ブログを見た「+1」さん(とその従僕)からストレートな要望が・・。「今月はシュークリーム月間ですよね。今月は母の日があって、私も母です」と四次元の論理を展開(生者で私に対して「母の日」カードが使えるのは中虎だけだが)。それが結構おもしろかったので、「+1」さん(とその従僕)が現場に出る前にもう一度シュークリームを作ることにした(自分でも食べたいし)。ただ、四次元の論理ではあるが「+1」さんの口調には期待感と幸福感が素直に出ているので作る方としても気分がいい。

 会社の隣にある狐狸ケ池でヌートリアを目撃する。泳ぎながら生え始めた水草を食べていた。生息しているとは噂で聞いていたが、昨年はまったく出会えなかったのでなんだか嬉しい。カメラを持っていなかったので、ダッシュで鞄に入れたカメラを取りに行く。今週の写真はその時に撮影したヌートリア。この池ではカイツブリも姿を見せるようになり、昨年と同様巣作りが楽しみ。

20130508nutria

 そろそろJim Beam Ryeが底をついてきた。手元不如意であってもアルコールは欲しい。次はウォッカか?。ロシア産が呑みたいので入手可能性と値段からすればストリチアナあたりが適当か。

今週のいただき物
 こばと園のアーモンドせんべい(私はアーモンド系に弱い)。Pateissrie Asono(神戸市西区)のプチガトー。

Martin Sander / Julius Reubke: Die Sonaten(2008:1988) / Musikproduktion Dabringhaus & Grimm
 ソナタが複数形になっているのは別のピアニストによるピアノソナタも収録されているからだが、私の関心はあくまでオルガンソナタにある。私がオルガンのCDを漁っていた時に指標としていたサイト主は24歳で夭逝したユリウス・ロイプケ(Julius Reubke)を高く評価していた。23歳で作曲した『詩編94番によるオルガンソナタ』は最も高い評価を与えられている19世紀のオルガン曲。M.Sanderは1963年生まれのドイツ人オルガニスト。
Jean Guillou / The early recordings 1966-1973 Vol.1(2009) / Accord
Kei Koito / Bach Organ Masterworks Vol.2(2010) / Claves Records
 この2枚は土曜日の予習用に引っ張り出してきたもの。前者にはメンデルスゾーンの「前奏曲とフーガ ハ短調」、後者にはバッハの「幻想曲とフーガ ト短調」が収録されている。
Olivier Latry / Louis Virrne : Symphonies pour orgue(2012) / Scam
 予習用のアイテムを探していて、ヴィエルヌの「オルガン交響曲第3番」が収録された音源を持っていないことが判明。iTune StoreにLatryが弾いている音源があったので、躊躇した末「第3番」だけクリック(本来、このデータには「2番」も含まれている)。
キノコホテル / マリアンヌの誘惑(2012) / ヤマハミュージックコミュニケーションズ
 5/1にミニアルバム『マリアンヌの逆襲』が出ていることを知った。これもちょっと前なら注文しているところだが、今回は我慢(いつまで続くのか?)。
JUDY AND MARY / J・A・M(1994) / Epic/Sony Records
 突然、「DAYDREAM」が聞きたくなり、引っ張り出す。
GRAND FUNK RAILROAD / Live Album(1970) / Capital
 「Heartbreaker」が聞きたい気分になり、引っ張り出す。

« Cake of this month (May 2013) | トップページ | オルガンの休日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/57353925

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(5/8から5/10):

« Cake of this month (May 2013) | トップページ | オルガンの休日 »