2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 超・大河原邦男展@兵庫県立美術館 | トップページ | 川まつりと怠惰な休日 »

神戸街歩きと図書館の休日

20130518la_bruxelloise
 久しぶりに神戸に出てくる。世間は「神戸まつり」で人が多い事が予想されたが、元町のあたりはそれほどでもない。

 中虎が行きたがっていたステラ・マリスというキッシュのお店に行ってみたが、残念なことにこの4月で閉店。仕方がないので、県民会館のすぐ近くにあるチキンカリー専門店「two of us」へ。プランとしてはモロッコ料理店の偵察もあったのだが、外れた場合のことを考えると後々面倒だったので以前にも利用したこの店を選んだ。

 中虎と仔虎は大辛キーマカリー、仔龍はTropiカリーマイルド、私は超辛Tropiカリーを食べる。超辛といっても、食べ終わった後に代謝が昂進して汗が噴き出してくるほどではない。仔龍はお気に召さなかったようだが、後の3人は満足して店を後にする。

 鯉川筋にあった酒屋PENTYに寄ってみたところ、こっちも閉店。ここってモルトウイスキーと焼酎の品揃えが良かったのに・・。

 ちょっとガッカリしながら、次の目的地であるマリアージュ・フレールへ。鯉川筋を下っている途中で、ベルギー料理レストラン「La Bruxelloise」の店先でベルギービールのカップ売りをやっていた。VEDETT Extra Whiteというホワイトビールを買って呑む。コリアンダーとか入っていてスパイシーだが、重くない。ピルスナータイプよりこっちが良いなぁ。近くで売っているとことはないだろうか。ちなみに、このレストランも前から気になっているのだが、今の私にはちょっと高いかなぁ。マリアージュ・フレールでは私が「カサブランカ」、中虎が「パリ-ギンザ」を選択。今日のお代は中虎持ち。

 時間的なことがあるので、ハーバーランド方面に寄ることが不可能に。昨日、神戸駅の成城石井に偵察員を放っていたことが無駄になってしまった。しかし、PENTYが閉店してアルコールが買えなかったので、元町駅南の新安商店を覗いてみる。元町に勤めていた時から気になっていた店だが、入ったのは初めて。一瞬で今まで入らなかったことを後悔する。蒸留酒がリーズナブルな値段で関係充実している。ということで成城石井の偵察で名前が出てきた「スタルカ・オールドウォッカ」を購入。お店の人にも言われたのだが、ウォッカを呑む前の手順として、冷凍庫に放り込んだ。

 夕方、図書館分館へ予約図書を借りに行く。今回は借りている本がゼロの状態。今日の神戸行きの際も積ん読状態であった『レッドデータガール』6巻と『ストライク・ザ・ブラッド』7巻をお供にしていた。それはともかく、届いている予約図書の冊数が7冊のため、1冊は明日に持ち送り。
高橋由太『あやかし三國志、たたん 唐傘小風の幽霊事件帖』
 シリーズの5作目で最終巻。しかし、借りてから4作目が未読であることに気付く。しかも、4作目は図書館に架蔵されていない。これは読まないで返し、同時に4作目の購入希望申請を出すことにした。どうも4作目と5作目はいわゆる前編・後編仕様になっているようなので、後編を先に読むのはちょっとためらわれる。
 このシリーズは2作目も未架蔵のまま3作目が架蔵されていた前科があって、この本を頼んだ人物の適当さが垣間見える(というか、1作飛ばしで読んでも問題ないって事かも)。
西尾維新『悲痛伝』
 『憑物語』は予約後7ヶ月目に入ってもまだ順番が来ないで、後から予約したこっちが届いた(3ヶ月待ち)。西尾維新作品の購入冊数を決めているのは誰なんだろう。作品によってばらつきがあるのだが。ちなみに明らかに予約数が多い『憑物語』の架蔵冊数は4冊、後から出た上予約冊数が少ない『悲痛伝』の架蔵冊数は6冊である。道理でこっちが早く回ってくるはず。
藤木禀『バチカン奇跡調査官 天使と悪魔のゲーム』
霧舎巧『十二月は聖なる夜の予告殺人』
ゲイル・キャリガー『アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う』・『アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う』

 昼間呑んだベルギーホワイトビールと比べて見るべく、ERDINGERのWeißbierを開けてみる。これも美味しかったが、どちかというとVEDETT Extra Whiteの方が良いかも。ついでに、フランス産のAbbey Beerも開ける。これは富永貿易株式会社が輸入しているもので、値段が普通のビールと同じ。トラピスト系のエールでアルコール分は6%。これはこれで濃厚で良い感じ。懐が寒いのにビールの比べのみなんてしていたら、本当は駄目なのだが・・。現実逃避だ。

« 超・大河原邦男展@兵庫県立美術館 | トップページ | 川まつりと怠惰な休日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/57415361

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸街歩きと図書館の休日:

« 超・大河原邦男展@兵庫県立美術館 | トップページ | 川まつりと怠惰な休日 »