2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« エミール・クラウスとベルギーの印象派@姫路市立美術館 | トップページ | ゴールデンウィーク後半の音源 »

ミュージアムめぐりと探検再びの休日

 家族で市の中心部へ。ミュージアムを立て続けに三つ(文学館・歴史博物館・美術館)を巡る。行ったミュージアムについては、既に記事を書いた。

 最近、ちょっとネコブログになっているのだが、姫路文学館から歴史博物館へ向かう途中に見つけた窓越しのネコ。仔龍が見つけたので、写真を撮る。

20130504catbywindow


 ミュージアム巡り終了後、駅前に新しくできたショッピングモールへ。自分で偵察したのは東急ハンズだけだったので、地下の食料品売り場とか雑貨屋ものぞいてみる。

 地下の食品店でヤッホーブルーイングの「インドの青鬼」、「よなよなエール」、「燦燦オーガニック」、「東京ブラック」が揃っているのと輸入ビールがそれなりに置いてあるのを見たが、輸入ビールも安いわけではなく、一番好きな「インドの青鬼」は近くのスーパーの方が安いのと製菓材料を全く置いていなかったのであんまり来る意味がない(お菓子や調味料はKALDIと似た感じの品揃え)。あと、オーガニック系食品の店とか、神戸のショコラティエとか、コージーコーナーとかあったのだけれど、私にはあまり縁がなさそうであった。

 東急ハンズについては、中虎の見立ても売り場面積の限界が品ぞろえの限界に直結して普通の雑貨屋になっているという厳しいもの。まあ、ネットで買い物できる世の中なので、リアルでの店舗の展開も岐路に立っているのかもしれない。他の雑貨屋さんも一つ二つはかわいいものがあるのだけれど、消費意欲を抑制している(というより抑制せざるを得ない)今の私にはあまり魅力的ではなかった。ちょっと、好奇心も仮死状態というところ。最後に本屋に寄ってライダー雑誌だけを買って帰る。

 家に戻り、図書館分館へ借用図書の返却と予約図書の借用に行く。『ソードアート・オンライン』はアニメを見ていたので、基本的なストーリー展開はネタばれしているのだが、アニメがメインエピソードとサブエピソードを時系列に沿って構成していたため、原作とはエピソードの並べ方が違い、それで原作を読むことが新鮮(フェアリィ・ダンス編はちょっと違うけど)。それと「浪人左門」シリーズは面白くて、今回借りたのがシリーズ最新刊みたいだけれど、同じ作者の別シリーズも予約中。「アレクシア女子」シリーズも無事ステータスが「発注中」になり、目出度い限り。次分館に行く時に残り3冊の購入希望も出すことにしよう。
麻生香太郎『誰がJ-POPを救えるか?』
高橋由太『オサキ婚活する』
輪渡颯介『浪人左門あやかし指南 狐憑きの娘』

 夜、明日に持っていくお菓子を作りながら、焼きあがるまでの時間と焼きあがった後の冷却時間を利用して夜の散歩に行く。星座も春になっているのだけれど、あまり春の空を見上げたことがなかったので、いまだに星座の位置と名前が一致しない。姫路科学館で貰ってきた星座の図を頭に入れないといけない。

« エミール・クラウスとベルギーの印象派@姫路市立美術館 | トップページ | ゴールデンウィーク後半の音源 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/57312170

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージアムめぐりと探検再びの休日:

« エミール・クラウスとベルギーの印象派@姫路市立美術館 | トップページ | ゴールデンウィーク後半の音源 »