2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« ちょっと歩いた休日(1) | トップページ | ちょっと歩いた休日(3) »

ちょっと歩いた休日(2)

20130727newtown
 お昼前に家を出て、JRだけで会社が間借りしている兵庫県立考古博物館へ。昼食を摂る時間がなかったので、コンビニで買ったパンを駅のホームで食べる。

 今日は「兵庫五国の考古学:摂津国の考古学」という講演会がある。講演するのは大学の後輩なので、顔を出しに行く。内容は前回の「播磨国」に続いて弥生時代の話。次は「丹波国」だが、ちょっと内容の予測がつかない(もしかしたら、近世かも)。

 講演会の後、少し後輩と近況を話した後、かねてより計画していた「駅家の郷」探訪を敢行する。東加古川駅で降り、そのまま北上してみたい誘惑(ラノベの宝庫見学)を振り切って、西へ向かう。

 今回、「駅家の郷」を訪ねたのは、2ヶ月後に野口公民館で「坂元遺跡」について一席ぶつ事になっていて、調査終了後の遺跡の写真を撮影するためだった。

 まだ、南北道路の工事は終わっていないのだが、区画整理自体は終わり、かつて田畑であった土地はほとんどが住宅地に変化していた。

20130727kuzumochi

 若干流路が緩やかになった白ヶ池川は相変わらず鯉が泳いでおり、カルガモの集団も観察できた。ちなみに、この川はわたしが野良ヌートリア(ただし、屍)を初めて見た場所でもある。

 方形周溝墓群とか律令期の建物群も川や道路に変わってしまい、今となっては報告書の中だけに残されている。

 調査をしていた頃と違って、JRの側道が加古川駅までまっすぐに通れるようになっていたので、遺跡から駅までの道のりは歩きやすい。

 駅のすぐ東側にある「あん工房 豊穣庵」でオーソドックスな小豆漉し餡のくず餅を買ってみる。ここは北條製あんというまさに工場で、電車で現場に通っていた時、朝から餡を炊く甘い香りが漂っていて、気になっていたお店。なお、くず餅は夕食後にいただき、餡があまり好きではない仔龍もお代わりをしていた。

 家に戻ったら、もう7時前になっていた。ここまでで約10.5キロ、合計13キロ。

« ちょっと歩いた休日(1) | トップページ | ちょっと歩いた休日(3) »

Cultural Whispers」カテゴリの記事

Museum」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/57879592

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと歩いた休日(2):

« ちょっと歩いた休日(1) | トップページ | ちょっと歩いた休日(3) »