2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 体育大会の休日 | トップページ | 夏季休暇消化の休日 »

屋台清祓式とお披露目の休日

20130923yatai02

 いよいよ屋台のお披露目の日。乗り子は結局中学生女子6人が交代で務めることに。これも前に書いたことだが、仔龍も参加すればよかったのにと思う(まあ、超内弁慶なので、人前に出るのは苦手なようだが)。集会所に行ってみると、伊達綱を結わえる飾り紐も無事見つかったのか、発注が間に合ったのかはわからないが、ちゃんと飾り付けられていた。

 8時過ぎに集会所を出発し、天満宮へ向かう。天気も快晴で暑いくらい。練子の集まりが若干悪いのが気になったが、他町からも多くの方々がお祝いに駆けつけてくれ、何とか屋台を上げることができた。特に昨年に屋台を新調された隣町の方は特に多く応援に来ていただき、ありがたいことである。

 お祓いがすむまでは差し上げたり、練ることは控え、台車に載せたまま屋台を天満宮に引いていく。天満宮では宮司により清祓いの儀が厳粛に行われたのだが、彼岸とは思えない日差しの強さに、乗り子の一人が気分が悪くなったのが気の毒だった。儀式がおもったより長く、乗り子の衣装を着込んでいた関係で、軽い熱中症になってしまったようだ。

 お祓い終了後、鏡割りと記念撮影を行い、いよいよ屋台を担ぎ、差し上げ、練る。地元新聞社の取材もあり、それなり盛り上がる。でも、本番の時はもう少し町の人間が練子として参加しないと、ちょっと大変なことになってしまう。新調したのに人が集まらないというのは、どう考えてもマズイ。

 神社を出て、町内を巡航し、集会所に戻る。最後に再び屋台を差し上げた後、収納する。約1ヶ月後には祭り本番である。お披露目はうまく行ったけれど、本番はどうなるのかなぁ。特に宵宮の八町練りの時が心配だが、もう成るように成れと開き直るしかないのかも。

 屋台を収納した後は、お手伝いいただいた他町の方も含めて宴会。すっかり、酔っ払ってしまい、この日の午後はほとんど記憶が無いまま過ぎていったのであった。

« 体育大会の休日 | トップページ | 夏季休暇消化の休日 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/58307602

この記事へのトラックバック一覧です: 屋台清祓式とお披露目の休日:

« 体育大会の休日 | トップページ | 夏季休暇消化の休日 »