2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 雨と反省会の休日 | トップページ | 今週の音源(11/4から11/8) »

自然観察のち呑んだくれの休日

 天候も回復したと思ったので、予てより計画していた野鳥観察に姫路市自然観察の森に行く。

 というのも、仔龍が書いている連絡帳が「野鳥・昆虫観察日記」と化しているので、担任の先生(理科)が自然観察の森のHPから情報誌「森だより11月号」(HP版)をプリントアウトしてくれて、11月にはここで野鳥観察関係のイベントがあることが判明。仔龍が行きたがっていたからだ。

 お昼には帰る予定で、午前中に家を出て、自然観察の森に向かう。この時は天候があそこまで変わるとは思っていなかった。

 駐車場を降りて、園内に入ったところで木の梢から小鳥の群が飛び立った。スズメよりも小さい鳥に思えたが、この時点で「鳥が迎えに来てくれた」と仔龍のテンションが上がる。

 ネイチャーセンターに着くと、ちょうど「秋を探しに行こう」というウォークラリーが行われていたのだが、小鳥を見ることだけがしたかった仔龍はあっさり断る。ただ、ネイチャーセンターの壁を観察していたところ、何かが外壁にひっついている。

20131104japanesegiantsilkworm

 丁度、イベントの受け付けをしていたレンジャーの人に聞いてみると、この物体はクスサンの繭。この夏、ネイチャーセンター前のクスノキで大発生し、その結果があちらこちらに残っているとか、確かに、クスノキの枝先やその下の生け垣にもいくつもの繭がひっついている。クスサンの成虫は見たことがあったが、繭をじっくり観察するのは初めて。ネット状で中が透けて見える。

 次にネイチャーセンター裏側に設置された餌場を観察。筒状の餌入れにやって来ているのはヤマガラ。よく見ると数羽が交代で餌を取りに来ている。確かに小鳥は可愛いもので、しばらく眺めていると心が和む。

20131104variedtit

 ネイチャーセンターを出て、まだ踏査していないエリアを歩く。コナラ広場に行ったところでヤマガラと再び出会い、仔龍のテンションがマックスに。しかし、この頃から雲行きが怪しくなり、雨が本格的に降り出す。慌てて車まで戻り、帰宅。すっかり濡れてしまう。

 自宅で昼食の後、一昨夜のプレモルの残りとヒューガルデンホワイトを呑んで、ソファで微睡む。

 夕食後、レコーダーの整理を兼ね、録り溜めていた『Red Data Girl』の前半を中虎、仔龍と一緒に一気に見る。

« 雨と反省会の休日 | トップページ | 今週の音源(11/4から11/8) »

Museum」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/58549981

この記事へのトラックバック一覧です: 自然観察のち呑んだくれの休日:

« 雨と反省会の休日 | トップページ | 今週の音源(11/4から11/8) »