2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 怒涛の3連休、あるいはお菓子作りの休日 初日 | トップページ | 怒涛の3連休、あるいはお菓子作りの休日 最終日 »

怒涛の3連休、あるいはお菓子作りの休日 二日目

20131222oldrubyale

 中虎が職場の大掃除と職場の忘年会があるため、朝からバタバタ。仔虎と仔龍は忘年会に一緒にいくことになっているが、三連休を満喫し、いつもにも増してだらだらひきこもりモード。しかたがないので、まずは仔龍が頼まれていたのにやろうとしない洗濯物干しをやる。

 次に明日ケーキを作るための準備として、台所に溜まった洗い物も片付ける。すっかり家事モードだ。

 そして、チーズケーキの材料を買い出しに。クリームチーズは近所のスーパーのプライベートブランド(300円切り)、サワークリームは規定通り3個。この時点では買い忘れて、後で買い足した生クリームはタカナシ(でも、一番脂肪分が多いのではない)、レモン果汁は濃縮還元のもの、そして台になるグラハムビスケットは前に買って冷凍庫で眠っていたマクビティーズのダイジェスティブビスケット(輸入物)ということに。

 夕食は一人になるので、ケーキの材料の他に自分の食べるものも買い揃える。チーズとスモークタンとソーセージを買う。。

 3時頃から家族は出かけていったので、図書館分館へ本を借りに行く。色々あって、1冊は駅前分館扱いにしていたので、駅前分館と地元分館を巡ることに。そして、駅前に行った際に「麦の芳醇」も買ってみた。
夢枕獏『江戸恐龍伝 第3巻』
デボラ・ハークネス『魔女の契り(下)』

 家に戻り、洗濯物を取り込み、風呂を洗っていたらもう夜。結局、一日家事モードだった、慌てて、夕食の準備。夕食はコンソメスープでキャベツ・ニンジン・タマネギを煮込み、そこにソーセージを放り込んだだけのシンプルなもの。それをアテにRuby Old Aleを開ける。美味しいエールはつかの間であっても心に平安をもたらす。

 エールを飲み乾したあと、当初の予定ではフロム・ザ・バレルを開封するつもりだったが、残っていた「さつま くろねこ」を呑んでしまうことにし、家族が帰ってきた頃にはすっかり酔っぱらっていた私だった。

« 怒涛の3連休、あるいはお菓子作りの休日 初日 | トップページ | 怒涛の3連休、あるいはお菓子作りの休日 最終日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/58837455

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の3連休、あるいはお菓子作りの休日 二日目:

« 怒涛の3連休、あるいはお菓子作りの休日 初日 | トップページ | 怒涛の3連休、あるいはお菓子作りの休日 最終日 »