2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(1/14から1/17) | トップページ | 今週の音源(1/20から1/24) »

野鳥と猫の週末

 仔龍のゴキゲンを取るため、再び朝の「姫路市自然観察の森」に行く。

 駐車場から園内に入ったところで、聞いたことのないさえずりを聞く。周囲を探してみると、ヒヨドリと同じような大きさの鳥が複数確認できた。少し逆光気味だったのと距離があったので、写真はないのだが、どうもシロハラを目撃できた可能性が高い。

 続いて、ネイチャーセンター裏の餌場を観察。今回は開園時間直後に訪問してみたが、朝一番では何も来ていなかった。寒くて、少し曇っていたからかもしれない。

 ネイチャーセンター周辺を少し散策した後に戻ってくると、10時頃から餌場周辺が賑わいだした。ヤマガラ、カワラヒワ、メジロが餌をついばみに来ていた。

20140118variedtit

 写真は器用に水を飲むヤマガラ。

20140118orientalgreenfinch

 こちらはカワラヒワ。メジロは餌場周辺を飛び回っているのだが、ヤマガラやカワラヒワよりも少し小さいので、なかなか餌場に割り込んでこれないよう。ネイチャーセンターの調査によると生息数ではメジロがトップ(2位はヒヨドリ)になっているそうだが、なかなか存在感を示すには至っていないようだ。

 自然観察の森を後にし自宅近くまで戻ってきたところ、ご近所猫ポイントでシュヴァルツ以外の猫を2匹発見。しかも、一匹は子猫である。

20180118chako

 灰トラは何度か見かけたことがある猫で、仔龍によれば名前は「チャコ」というらしい。

20140118kitty

 明るい茶トラの子猫はチャコの子供で今はまだ呼び名はないらしい。また、仔龍と名前を考えてみよう。ちょっと警戒はしているが、ご近所の人も餌をやっているため、2匹とも餌がもらえるとわかると近寄ってくる。

 それと最近のシュヴァルツはかつてのビビのように人懐っこくなって、こちらの姿を見ると近づいてくるようになったのは、なかなか嬉しいこと。ただ、抱き上げることもできるようになって、シュバルツがオスであることがわかったので、お腹が大きくなったのは餌のもらい過ぎかもしれず、チャコと茶トラ親子には餌を上げても、シュヴァルツには控えめにしないといけないのかもしれない。

20140118catfigure

 昼から買い物に行った時にガチャポンの猫を見つけ、思わず一度だけ回してしまう。スマホを横置きにして、キーボードを使うときには便利かも。

 図書館分館へ予約図書を受け取りに行く。
 三田誠『RPF レッドドラゴン 5巻』

« 今週の音源(1/14から1/17) | トップページ | 今週の音源(1/20から1/24) »

cats everywhere」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

以前、とても警戒心が強くてすぐに逃げてしまうシュバルツが、最近は足元に寄って来てすりすり

してくれる!と仔龍も喜んでいました。

ただ、可愛がられるあまり、二重あごに・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/58991520

この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥と猫の週末:

« 今週の音源(1/14から1/17) | トップページ | 今週の音源(1/20から1/24) »