2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 盛りだくさんの週末2 | トップページ | 飲酒、合間に祭り準備と吹矢の週末 »

今週の音源(8/18から8/22)

20140818flood
 会社から現場用の車を搬送した事もあって、私が着いたころは少しマシになっていたが、日曜の雨でプレハブの周りは泥流が流れ込んだ痕跡が痛々しい。まあ、現場周辺はそれでもマシな方で、市内北部の状況は大変なことになっている。このたびの大雨の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

 現場は沢筋の浅い部分が深くえぐられただけではなく、溢れた水が調査区の壁を突き破り、調査区内に新たな沢を形成し、地面が大きくえぐられていた。そのような状況でも、調査中の古墳2基本体にはほとんど影響がなく、古代人の選地(占地?)感覚が確かなことを感じた。

 初日は現場とその周辺の復旧作業にあてたが、二日目から少しずつ現場再開(実測作業から)。プレハブの駐車場に流れ込んだ流木や土砂は大家さんである建設会社の人たちが片づけてくれた。ありがたいことです。

 雨が上がったと思ったら、不安定なうえに蒸し暑さが戻ってきて、現場に立っているだけでも作業服が汗でドロドロになる。いつもより早めに洗濯。都合2回洗濯に行ったので、コインランドリー代金で今週のsweets cherish詣ではお休み。ついでに夜の作業も開店休業状態。昼間疲れると夜何もできない。

 アマツバメの走行距離が9万キロになる。丸8年で9万キロだからそんなに走っていない。まあ、空白の三年間を差し引けば年1万8千弱ということになるのかもしれないが。ともあれ、まだまだエンジンの調子も良いので、このまま定年まで頑張ってほしいものだ。

夏休みじゃないけど観察日誌
 沢筋は抉られ、流路も少し変わっていたのだが、そんなことに頓着することなく生き物の営みは続く。久しぶりにハンミョウが古墳の周りをうろついていたし、オニヤンマも哨戒飛行を続けている。今週は枯れ枝で羽を休める姿も観察できた。成長して鮮やかさが無くなってしまった二ホントカゲも徘徊中で、トノサマガエルも沢を遡ってきた。遡ってきたといえば、アキアカネの群れも平地の畑から古墳のあるところまで遡ってくるようになった。プレハブの周りでは久しぶりに複数のネコを見た。走り去っていったので写真はないが、三毛猫と茶黒の混じった猫、そして庭石の上で悠然と構えたチャトラがいた。それと自然観察の森や現場周辺でも見かけたモンキアゲハが吸蜜。大きいのでよく目立つ蝶だ。

20140822cretures

CATHEDRAL / Carnival Bizarre(1995) / Toy's Factory(Earache)
CATHEDRAL / End Tyme(2001) / Toy's Factory(Earache)

« 盛りだくさんの週末2 | トップページ | 飲酒、合間に祭り準備と吹矢の週末 »

cats everywhere」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/60218787

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(8/18から8/22):

« 盛りだくさんの週末2 | トップページ | 飲酒、合間に祭り準備と吹矢の週末 »