2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(8/11から8/15) | トップページ | 盛りだくさんの週末2 »

美術館、墓参り、誕生会など盛りだくさんの週末

20140816ceramic_museum
 気が付くと会期末が迫っていた兵庫陶芸美術館の特別展「Identity & Originality」。最近、家族が揃う週末が少なくなっているので、ちょっと強行軍だが、一日遅れの墓参りとセットで行くことにした。

 展覧会は現代陶芸分野の新収蔵品を中心に構成されており、「伝統的な要素をとらえなおしたもの」、「外部の技術を取り入れたもの」、「産地との関わりから生まれたもの」、「自由な発想で作られたもの」という4部構成。この構成は、大雑把にいうと作家の属性(伝統的な産地で陶芸家の家系、産地出身の陶芸家だが他の産地などの技法を取り入れた、陶芸に縁がない家系だが産地で修業した、産地ではなく学校で陶芸を習得した)でカテゴライズされており、その見方が結構面白かった。この展覧会に一番来たがっていたのは仔龍で、新聞に掲載された作品紹介などもチェックしていた模様。その仔龍が気になっていた作品は十二代三輪休雪「射」と宮下善爾の諸作品。私は基本的に価値観が保守的なので、お気に入りとして市野茂良「藍塩釉四耳壷」を挙げることにしよう。形を見ると伝統的かつ典型的な四耳壷なのだが、藍色という普通はあり得ない釉薬が施されたことにより、無国籍性というかエキゾチシズムがあふれているように私には思えた。

 陶芸美術館で展覧会を見た後、国道372号を南下し、富久錦の「ふく蔵」へ。予約時間にはちゃんと間に合ったのだが、お盆だというのにほぼ満席。これでは飛び込みではつらいところだった。私と仔龍は和風ローストビーフ膳、中虎と仔虎は贅沢アナゴ丼膳をいただく。おいしかった。酒蔵の経営するレストランでメニューには当然のようにお酒が載っているのだが、ここで食事をしながらお酒をいただくためには、うちからだと電車・バスを乗り継いで一人往復2000円の交通費がかかるのだよねぇ(内陸部の酒蔵で1時間に1本バスがあるだけましかも?)。
 食事をした後、「Fukunishiki Lab. 002」と「Fukunishiki Lab. 003」を購う。これで今回の再仕込み酒シリーズを呑み比べることができる。

20140816lunch

 お昼を食べた後は、国道・県道・バイパスを乗り継いで中虎の家の墓参りに行き、その帰りにうちの家の墓参りをする。同じ墓地に初盆となる親戚のお墓もあるので、そちらにもお参り。予定より早く終わったので、一度家に戻り、ちょっと休憩。そして、締めくくりは仔虎の誕生会。プレゼントの「カチドキロックシード」「極ロックシード」を渡し、ルドルフで買ってきたホールのチョコレートケーキを切る。やはり、6号は大きかった。

 図書館分館へ行き、冊数制限のため借りていなかった予約図書を受け取る。
川原礫『ソードアート・オンライン プログレッシブ2』

« 今週の音源(8/11から8/15) | トップページ | 盛りだくさんの週末2 »

Museum」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/60200335

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館、墓参り、誕生会など盛りだくさんの週末:

« 今週の音源(8/11から8/15) | トップページ | 盛りだくさんの週末2 »