2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« Walking and Drinking Holidays(その7) | トップページ | Walking and Drinking Holidays(その9) »

Walking and Drinking Holidays(その8)

 昨日はWalkingはしたものの、Drinkingは控えて、休みに入って初めての休肝日。
 
 早く眠ったこともあって、朝早く目覚めてしまい、朝刊を取りに行った時に家の前で複数の蝙蝠が飛んでいるのを見かける。カメラを取りに戻っていたら、すでに姿を消していたのだが、彼らは昼間はどこに潜んでいるのだろう?そんなに遠くから飛んできているとも思えないのだが・・。

 そのあと、猫ポイントに行ってみたらシュヴァルツとハリーはもう起き出していた。ハリーは相変わらず人見知りするが、シュヴァルツは服装に関わらず、餌を持っていなくても傍にやってくる。シュヴァルツとちょっと遊んでから家に戻る。

 朝食の後、少し散歩。ご近所の飼い猫(黒白斑猫)と遭遇。このネコは窓の摺ガラス越しに見かけたことはあったが、直接遭遇したのは初めて。飼い猫ということもあって、間合いが近い。毛並みはフサフサだし、首輪が付いているところがいかにも飼い猫。

20140927cat


 家に戻り、急いで身支度を整え、兵庫県立歴史博物館の特別展「播磨と本願寺」の開会式へ。図録や展示を見ていると昔ここにいた時に真宗の歴史叢書を両夫してもらうべく申請書を書いたことを思い出す(条件が宗門との歴史的関わりを述べることであり、英賀御堂から本徳寺の流れを略述したように思う)。播磨地方は門徒の多い地域で、中央の動きともかなり連動しているので、門徒ではない私にとっても興味深い内容。だから、門徒の人にはぜひ見てもらいたいし、「官兵衛」展同様の大入になればいいのだけれど。

 博物館の外に出た時、音楽が聞こえてきた。音の方へ歩いていくと、シロトビア公園で超姫路というイベントをやっていた。メインステージで爆音を響かせていたデビルマンというバンドだけを見る。ちょっと懐かしい感じのラウドロックなので、何とかついていける範囲。

 清水門跡から好古園裏手を回って内堀沿いを進む。ここも猫ポイントの一つ。妙に人懐こいトラ猫2匹が観光客と戯れていた。
 
20140927cats


 家に戻り、中虎は研修でいないので、仔虎と仔龍のお昼を買って、3人で食べる。で、昼間からエールを3本開ける。うまいなぁ。

« Walking and Drinking Holidays(その7) | トップページ | Walking and Drinking Holidays(その9) »

cats everywhere」カテゴリの記事

Museum」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/60395272

この記事へのトラックバック一覧です: Walking and Drinking Holidays(その8):

« Walking and Drinking Holidays(その7) | トップページ | Walking and Drinking Holidays(その9) »