2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 今週の音源(9/30から10/3) | トップページ | 今週の音源(10/6から10/10) »

ネコの週末

 病院のはしごをする。最初に循環器内科に行き、血圧チェック。ここにはアレルギーの薬をもらうため、仔虎も一緒に連れて行く。

 一度家に戻り、ご近所猫ポイントを覗いて、シュヴァルツとハリーの様子を見る。今日もご機嫌はよさそうというか、のんびりお過ごしのようだ。

20141004cat00


 2軒目の病院にいく前に図書館分館に寄り、予約図書を借りる。今週からタニス・リー特集に突入。「パラディス秘録」とか「平らな地球」シリーズを読んで以来、久しぶりにまとめてリーを読むことになる。
笹本祐一『ミニスカ宇宙海賊12 モーレツ終戦工作』
ジョゼフ・ディレイニー『魔使いの敵』
タニス・リー『鏡の森』・『バイティング・ザ・サン』・『悪魔の薔薇』・『炎の聖少女』

 仔龍は友達とアニメイトに出かけていたので、仔虎と二人でラーメン八角に行ってみる。まあまあ。

 午後一番にいつもの土手を散歩。天気が良いこともあって、太公望の姿もいつも以上に多い。そんな中、「ウナギ漁」をしている人を発見。詳しくは知らないが、仕掛けた餌の上に人頭大程度の石を山状に積み上げ、石の間にウナギが潜り込んでくるのを待つ。何日か置いた後でその仕掛けの周りに筒状の網を張り、石を外していってウナギを捕るという方法のようだ。この川の汽水域にはいくつも積み上げられた石の山があり、水がひいたときにはちょっと不思議な感じの景観になる。

20141004fisherman


 太公望さんたちに混じって、猫がいるのを見かける。一匹は太公望さんの一人が連れてきたと思しき灰色のトラ。自転車の傍で寝そべっていた。最初はリードにつながれているのかと思ったが、そうではなかった。

20141004cat01


 もう一匹は白地に灰縞のちょっとふてぶてしい猫。こいつとは夜の散歩の際、数回接近遭遇したと思う。この後、灰トラの飼い主と思われる太公望さんに釣り上げたばかりの小魚を貰って、その場で賞味していた。なお、もちろん灰トラのほうも小魚を貰って、その場でバリバリ。

20141004cat02


20141004sakebowl
 職場の先輩から20年程前にいただいた酒器が無事見つかった。酒器は染付の2合ほど入る片口鉢。樹下人物文のヴァリエーションだが、人物が手に持つ傘が洋傘で近代以降の情景と思われ、何となく不思議なムードのデザイン。そこで残っていた「奥丹波 野条穂」を開ける。酒器の内面は無紋なので、注いだ酒がわずかに琥珀色を帯びていることがわかる。「野条穂」は甘すぎず、すっきりした味わい。借りてきた「魔使い」最新刊を読みながら、順調に減っていき、ほとんど呑んでしまう。

 日曜は校区女性バレーボールの集い。会場である小学校の体育館へ準備に行く。チームが四つしかないので、1回戦2試合、3・4位決定戦、決勝戦の4試合で終わり。それでも9時過ぎから初めて12時過ぎまでかかる。閉会式の後、片付けをして家に戻る。

 天から金麦(350ml)が3本降ってきたので、少しだけ残っていた「野条穂」を呑み干し、「魔使い」を読みつつ、金麦も呑み、結局すべて空にしてしまった。

« 今週の音源(9/30から10/3) | トップページ | 今週の音源(10/6から10/10) »

cats everywhere」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/60447454

この記事へのトラックバック一覧です: ネコの週末:

« 今週の音源(9/30から10/3) | トップページ | 今週の音源(10/6から10/10) »