2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

« 謹賀新年 | トップページ | 受験絡みの連休 »

今週の音源(2/9から2/12)

 先週で終えるはずだった玉類の集成を持ち越してしまう。玉類というのはあまり重視されていないのか、古い時期の報告書だと記載が曖昧なものが多いのだ。特に集成を提出してくれなかった市町の古墳でいくつかあって、報告書に当たっても何にも解決しないので、会社に一人居残って作業していると軽い呪詛が口からこぼれてくる。

 それでもちゃんと報告してくれたところには申し訳ない出来ながら、集成表は形にはなる。幹事県の担当者に送って第一段階は終了。ただし、3月の検討会に向けて、集成から読み取れることをまとめないといけない。でも、時期ごとの変化(材質・種類など)なんてあるのだろうか?。それに加えて、着装状態のはっきりした資料の抽出もする必要があるのだが、本報告のないものや出土状況の記載がないものも多いので、幹事県の思惑通りの資料は作れないかも。

 仔龍の私立高校入試。付き添いは中虎だが、駅前からバスに乗るまでついていくことにした。学校からの案内では直通の臨時バスがあるということで、指定された時間に行ってみると駅前は混乱していた。試験会場が二つあるのだが、それぞれの会場で受験する生徒の数にかなり違いがあるためか、片方の会場行きのバスしか運行されていないのだ。ちなみに仔龍の受験会場は不幸なことにバスが運行されていない方。臨時バスを請け負っている現場係員に聞いてみても、要領を得ない上、路線バスの方が速いとまで言い出す。ちなみに臨時バスを請け負っていたのは神姫バスだが、毎年のことなのに仕切りが悪いというか、全然社員教育が成っていない。このままでは遅刻するという時間になって、ようやく仔龍は受ける会場行きのバスがやって来たのだが、バス丸々一台分の受験生が遅刻しそうになったわけで、遅刻していたらバス会社としてどう責任を取るつもりだったのだろうか。ともあれ、あとで聞いてみると間にあったとはいえ、際どいところだったらしい。仔龍を見送った後、中虎は一度家に戻り、私は出勤。試験の終了後、駅まで迎えに言った中虎と仔龍は本命の高校の作品展を見に行って感銘をうけたということで、私も最終日に覗いてみることにした。

 天候の良かった祝日、昼休みに職場横の公園をカメラ片手に散策。するといつもの鳥に加えて、見かけるとは聞いていたものの、自分の目で確認するのは初めての冬鳥が。いい日だ。

20160211brownearedbulbul

いつも見かけるヒヨドリ


20160211bullheadedshrike

たまに見かけるモズ


20160211palethrush

初めて見たシロハラ

 鳥を見かけて気分が良かったのも一瞬で終了。外部からの借用依頼に基づいて画像データを探していたら、とある遺跡の画像が見当たらないことが判明した。退職された方にも確認した結果、画像のありかは判明し、少し遅れるものの画像は用意できる見込みとなった。ただ、同時に依頼のあった遺跡のものとは送付に時間差が生じるので依頼先には事情を説明しないといけない。ここに書くには問題が在り過ぎなので、これ以上は触れないが、飲み込んだ言葉は重い呪詛に錬成されそうである。

岸田教団&THE明星ロケッツ / GATE II-世界を超えて-(2016) / Warner Bros. Entertainment Inc.
生沢祐一 / Evil Shine(2004), 人・神・機(2006)
David Bowie / THE SINGLES 1969 TO 1993(1993) / RYCO

« 謹賀新年 | トップページ | 受験絡みの連休 »

Cultural Whispers」カテゴリの記事

Museum」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/63224021

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の音源(2/9から2/12):

« 謹賀新年 | トップページ | 受験絡みの連休 »