2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

« 低空飛行の日々(201801中旬) | トップページ | 今月の本・雑誌(2018年1月) »

低空飛行の日々(201801下旬)

 火曜日が休みになったので、神戸市立博物館で開催中の「ボストン美術館展」を見に行く。対外的にはゴッホの絵かもしれないが、実はいくつかの分野にまたがる内容の広い展示。それとこれらの所蔵品を寄贈した人々(ボストニアン)の紹介が来館者に響いたかどうかは別として、一つのポイントだったのだろう。
 ここで備忘録として各コーナーで気になった作品をリストアップしておこう。
 古代エジプト美術
  「ハトシェプスト女王小像断片」、「縛られたオリックス形の壺」
 中国美術
  陳容「九龍図巻」、徽宗「五色鸚鵡図巻」
 日本美術
  曽我蕭白「飲中八仙図」、岸駒・呉春・東東洋「梅に鹿鶴図屏風」+松村景文・岡本豊彦・東東洋「松に鹿蝙蝠図屏風」
 フランス絵画
  アルフレッド・シスレー「サン=マメスのラ・クロア=ブランシュ」、クロード・モネ「アンティーブ、午後の効果」
 アメリカ絵画
  ワシントン・オールストン「月光」、ジョン・シンガー・サージェント「フィスク・ウォレン夫人と娘レイチェル」
 版画・写真
  チャールズ・シーラー「白い納屋、壁、ペンシルヴェニア州バックス郡」
 現代美術
  サム・テイラー=ジョンソン「静物」
 昔なら、Gloomy Twilightの方で感想とか書くのだけれど、そんな元気はなくなってしまった。10年更新していないこのブログ、10年前の自分の文章を読んで、あの頃は反抗心も含めて意欲にあふれていたのだなぁと遠い目になる。
 これに挙げなかった作品の中では英一蝶「涅槃図」が修復状況の紹介も含めて興味深いものであった反面、作品解説に何となく違和感があったことは追記しておこう。他の涅槃図に比較して、動物の親子が多く描かれていたと言えるのかとか、施主さんの意をくみ取る場合は、在家信者姿の施主さんを描くのではないのか等など。
 あ、それとモースの解説で大森貝塚の調査と近代考古学の導入に果たした役割に一言も触れていなかったのは、なんか嫌だったことも触れておこう。

 ボストン美術館展を見た後、鹿鳴茶流で鹿肉ロースト丼がメインのランチを食べ、大丸とそごうを回る。大丸はヴァレンタインコーナーがまだ開設していなかったのだが、そごうのほうは初日。自分で食べたり、友達とシェアする消費者の増加と生チョコ系の商品が多いためか、賞味期限が2/14前に来る商品が多くて、興味深い。中虎がいくつかのブランドをお試しで購入。私のお気に入りブランドは、大丸系(支店は大阪駅前の大丸にある)のためか、そごうには来ていなかったなぁ、残念。
 それとそごうでは富澤商店にも寄って、焼菓子の型・材料とかラッピングの材料をお買い上げ。道具は揃ったし、お許しも得たのでお菓子を焼く条件は揃った。

20180129muffin
 当旬前半ではお菓子を焼くかどうかを決めかねていたのだが、何人かに焼く日を予告して、踏ん切りをつける。で、次は何を焼くかだが、マフィンを焼くことに決定。自分の中では事前準備が少なく、材料費も少なくて済むミルクティーマフィンを選ぶ。一年前も同じものを焼いたが、材料の茶葉は前回がジャナッツのエヴェレストチャイだったのに対し、今回はマリアージュフレールのキョートアールグレイにした。
 型には小型パウンド型を使って、12個焼いて、8個を持っていく。素人の焼くものなので、なかなか数は作れない。正方形の型で厚みを薄めに焼いて切り分ければ、ある程度の人数分は確保できるけれど(職場のイベントに合わせて1・2度やったことはある)、今はそんな気分ではない。焼き上がりはまあまあ。当初配る予定のなかった人にもあげてしまい、自分の食べる分が無くなるという失態を演じてしまったが、評判が良かったので良しとしよう。しかし、次はいつ作れるやら。2月は3連休でも仕事以外の用事があって休みにならない日が多く、余裕がない、

 お菓子イベントの間に、奈良で古墳時代の玉イベント。イベントに備え、自分の書いた原稿を読み直すという拷問を味わいつつ、当日に備える。僕以外はみんなちゃんと原稿書いているし、自分の不備ばかり目立つ。でも、字句の統一と小タイトルをつけるだけで許してもらえたのは、ある意味では見捨てられているからかも。それはともかく、来年度の展覧会に向け、とある指定品の出品交渉をすることとなり、ちょっと気が重い。とりあえず、自分でチャレンジできる相手は自分で連絡を取り、付き合いのなかった相手はそこと付き合いのある同僚から連絡を取ってもらう。
 玉イベントは来年度の成果図書出版と展覧会で一応の区切り。次の研究テーマの候補がいくつか挙がったが、個人的にはどれもやりたくない。それに再来年度の話だし、どこにいるかもわからないというか、そろそろ若い人に頑張ってもらわないとね。

聞いた音源
ARCTURUS / Aspera Hiems Symfonia / Constellation / My Angel(2002;1995,1994.1991) / Candlelight Records
 寒さが厳しいこの季節、荒んだ気分を癒すようで、精神を蝕んでいくアルバム。特に「Fall of Man」は名曲だ。YouTubeにフルアルバムが落ちていて、ビックリ。昨年のライブのfullshowも落ちていた。貧乏な私にはいい時代ではあるのだか・・。「Fall of Man」を貼ってしまおう。

EARTHSHAKER / The Best of Nexus Years(2002) / King Records
 カーステレオに入っていたので、何となく。
 JUJU / いいわけ(2017)
 JUNNA / Here(2017)
 9mm Parabellum Bullet / インフェルノ(2016)
 9mm Parabellum Bullet / サクリファイス(2017)

 そろそろJUJUも打ち止めか。その前にちょっと毛色の違う「いいわけ」を貼り付ける。

« 低空飛行の日々(201801中旬) | トップページ | 今月の本・雑誌(2018年1月) »

Cultural Whispers」カテゴリの記事

Museum」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/66343232

この記事へのトラックバック一覧です: 低空飛行の日々(201801下旬):

« 低空飛行の日々(201801中旬) | トップページ | 今月の本・雑誌(2018年1月) »