2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

« 低空飛行の大晦日 | トップページ | 今月の本・雑誌(2017年12月) »

謹賀新年

 目覚まし時計のセットをしていなくて、30分差で初日の出を見ずに終わる。

 新年のスタートとしてはあまり良くない気もするが、一方で空は晴れ渡って爽やかであるのも確かだ。まあ、初詣の時も月は煌々と夜道を照らし、オリオン座も大きく天を翔けていたわけだから、全体としては、幸先が悪いわけでもないようだ。今年の目標は「be brutal」、細かいことにくよくよせずに精神的凶暴性を抱えて過ごしていきたい。

20180101moon

(1日夜は満月:うまく撮れていないけど)

 家族と氏神様に初詣(私自身は二度目のお参り)。破魔矢を買って、私以外はおみくじを引く。おみくじが二百円になっていて少し驚く。去年までは百円だったのに・・。玉垣に刻まれた祖父の名前に挨拶し、河原の遊歩道を鳥を探しながら帰る。ツグミ、カモメ、カモ、サギ、ウなどを確認。仔龍が枯れた葦原でカシラダカかオオジュリンらしき鳥を見つける。遊歩道の後は国道沿いの緑地公園にまわり、そこではメジロの群を確認。今まで聞いたことのない警戒音を発するのを聞く。そして、散歩の最後はご近所猫ポイントにより、シュヴァルツとノアールが仲良く丸まっているところにお邪魔する。ほんとにこの二匹は見分けにくくなった。近寄って、その場を動いた方がノアール(笑)。

 新年最初のお酒は、氏神様で氏子でもある地元蔵元(田中酒造)が振る舞ってくれた一盃のにごり酒。次に、残っていた山陽盃酒造の「播州一献 庭酒」を呑む。「庭酒」は度数低め、少しの酸味と強めの甘味があって呑みやすい。日本酒発祥の地とされる庭田神社で採取された酵母で醸されたというのが売り。大鶏老も含めてのおせち料理の席では、本田商店の「龍力 黒ヒゲ」の干支ボトルを開けることにする。

 昨日、チャンネル権の関係でリアルタイム視聴できなかった紅白をBGVに年賀状の仕訳とチェック。いくつか出していない方からのものがあったので、早速印刷。それとLINEで何人かに挨拶を送る。
 それはともかく、紅白であまり興味がない出演者の時はYou TubeでBeyond The BlackのWachen Open Airでのライブを見る。かなりいい感じ。シンフォニックメタルの注目株らしい。

« 低空飛行の大晦日 | トップページ | 今月の本・雑誌(2017年12月) »

cats everywhere」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/66230410

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« 低空飛行の大晦日 | トップページ | 今月の本・雑誌(2017年12月) »