2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

« 低空飛行の日々(201802中旬) | トップページ | 今月の本・雑誌(2018年2月) »

低空飛行の日々(201802下旬)

中旬の補遺
 仔龍とラーメンとショコリキサーを食べた日の帰り、いつものように野鳥観察のため、河原を散歩。この日はいくつか普段は見かけない鳥を見たのだが、前回の更新時には書き忘れていたので、ここに追加。
 尾羽の形が扇子形で、おなかの白い鳥が空を舞っており、たぶんミサゴ。バードウォッチングの本ではこの川がミサゴ生息地として紹介されているけれど、仔龍も私も実際に見るのは初めてだと思う。
 加えて大型のカモメであるセグロカモメがカニを獲る姿とか、千鳥類とか、カモ類以外の鳥をみることができた。それとヌートリアも一匹確認。スマホのカメラはこんな場合全く役に立たないので、せめて光学20倍程度のコンパクトデジカメが欲しいものだ。歩いていける距離に家電量販店ができてしまい、誘惑に負けそうになる。

 頚椎症のため、月一の神経外科。いつもの痺れの緩和剤を処方される。MRI画像上は問題ないのかもしれないが、実感としてはじわじわと痺れを感じる範囲が広がっているもの確かだ。この状態で毎日のように車を運転する業務に戻れと言われたどうしようと不安感が広がる。ヒヤリングでは拒絶したものの、人事の事は雲の上で決まってしまうし、内示は年度の変わる1週間前。

 作っていったお菓子はお世辞半分としても、かなり喜んでもらえた様子。喜び方とか言葉の選び方に個性があって、ほんと面白い。小首をかしげての「次は?」というのがクリティカルヒット。ただ、この反応に関しては、あまりにもラブリーだったので、ちょっと記憶が飛んでいる。記憶の確実性からいくと「瞬殺でした」という感想が個性的。「瞬殺」さんはお菓子作り再開のきっかけを作った人だけれど、言葉や間合いの取り方がユニークでミステリアス。それと「次は来月」といった時に、「来週はもう来月ですね」と返してきた猫使いさん(仮称)のキャラもなかなかいい(笑)。
 とある人に、「仕事をしていく上では、実務面で助けてもらえるというは大事だけれど、気分面で助けてもらうのも大事だ」と言われたことがあるが、特に後者に関しては恵まれている。調子に乗って、この恩恵を失わないようにしなければ。

 中虎は同級生と鹿児島旅行。桜島のおとなしい時期を狙ったため、この時期に。食べ物は美味しく、旅行自体は楽しかったようだが、「西郷どん」展示館はちょっとお気に召さなかったようである。お土産は地元限定販売「かごんまのキセキ」。焼酎の飲み比べセットで相良酒造白金酒造指宿酒造奄美大島酒造さつま無双酒造の5社の飲み比べができる。次は長崎だそうである。

 某社の機関紙に各人が自分が読んだ本の紹介を「友だちの輪」的なリレーで書き継いでいく企画、ついに原稿が回ってきた。西田正規『定住革命』と鶴岡真弓『ケルト/装飾的思考』のどっちにするかを迷った末、後者をチョイス。ただ、出版当時と現在ではケルト文化をめぐる研究状況が劇的に変わっている(しかも、著者の意見とは逆方向に!)ので、単純に「好きな本です」で済ませられず、何日か悩む。それでも次回の執筆者も決め、原稿送付。我ながら、書きぶりが固い。

 コラボ授業の打合せが、相手側の都合で、本番直前に延期。逆にこうなったら開き直るしかない。とりあえず、教材の準備だけを始める。ただ、今回の件に関しては、中二病的に表現するなら、守護精霊を帯同できるので、ステータスオールアップ状態で臨めそうなのが心強い(笑)。

 しばらく、姿を見かけなかったトラ猫2匹が戻ってくる。少し寒くなるとうちに来るという感じ。通行人の「ここにはよく猫がいてんねんで」という会話が聞こえてくるし、うち自体がすっかり猫ポイントになっている。それに対して、ご近所猫ポイントのシュヴァルツの姿を見かけない。ノアールの方は何回か見たのだが・・。

20180225cat

聞いた音源
 9mm Parabellum Bullet / Vampire(2008) / EMIミュージック・ジャパン
 TorN / 凍音-tone-(2007) / Arcangelo
 「どこまでも満たされぬ出口なき迷路の先
  I want to survive. Fly me to the sky.
  時を超え探している もがき続けてる It's life.」
 大滝詠一 / A Long Vacation(1991;1981) / CBS Sony

« 低空飛行の日々(201802中旬) | トップページ | 今月の本・雑誌(2018年2月) »

cats everywhere」カテゴリの記事

Cultural Whispers」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/66445115

この記事へのトラックバック一覧です: 低空飛行の日々(201802下旬):

« 低空飛行の日々(201802中旬) | トップページ | 今月の本・雑誌(2018年2月) »