2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

« 地を這う日々(201804中旬-1) | トップページ | 地を這う日々(201804下旬-1) »

地を這う日々(201804中旬-2)

 同期の友人と後輩二人という結構レアな組み合わせで呑みに行く。その席で同期の友人が『レコード・コレクターズ』2018年2月号をプレゼントしてくれた。キングクリムゾンの特集号。iPod nanoに入れていたキングクリムゾンを集中して聞きだしていたので、シンクロニシティに驚く。でも、雑誌で取り上げられていた20枚超えのボックスセットなんて、とても買えない。

 分布調査の帰り。少し疲れたので、時間給を取る。ちょっとすっきりしたので、お菓子を作ってみることにする。スパイスを加えたサツマイモのパウンドケーキ。12個しか焼けなかったので、ゲストに回した分、自分で食べる分は無し。配布先には悦んでもらえたようなので、良しとしよう。ある人に小さめの型を貰ったけれど、作る数が少し増えたからといって、配布先を増やすつもりはないことは明言しておこう。まあ、数が増えることで自分で食べる分は確保できるから、一度は同じ型を買い足して使ってみてもいいかも。

20180418cake


 職場に向かう途中の遊歩道で、明るい茶色のトラ猫を見かけるようになった。元は飼い猫だったのか、妙に人懐っこい。餌をやるわけでもないのに、足元にまとわりついてくる。ちょっと病気なのかもと思いつつ、少しの間だけでも相手をしてしまう。

20180418cat


 展覧会の準備状況を少し覗きに行ったら、開会式前日だというのに後任の同僚が一人でキャプション並べをやり始めていた。さすがにそれはないよなぁと思いつつ、手伝うことにした。まあ、それは良いとして、私がいるのに気が付いた課長を含む他のメンバーから何のツッコミも入らなかったのはどういうこと?

 展覧会の開会式の日、別件の出張で奈良方面へ。結構ヘヴィな話。主担当の職員さんには「国や県が止めとけと言ってますから」という理由で、余分な仕事を回避するよう伝える。私の立場では、間接的な援護しかできそうもない。何をおいても、体を壊さないようにしてほしい。
 同じ日の夜、明石で課の歓送迎会があった。すっきりとメンバーが揃わなかったけれど、それなりに楽しい会であったのは確か。前に明石で呑んだ時は最寄り駅までの終電に乗り遅れ、2キロ歩く羽目になったが、この日はちゃんと終電に間に合う。

聞いた音源
 KING CRIMSON / Epitaph(1997) / Pony Canyon
 KING CRIMSON / Earthbound(2002;1972) / Pony Canyon
 KING CRIMSON / USA(2002;1975) / Pony Canyon
 KING CRIMSON / In The Court Of The Crimson King(1999;1969) / Pony Canyon
 KING CRIMSON / In The Wake Of Poseidon(1999;1970) / Pony Canyon
 KING CRIMSON / Lizard(1999;1970) / Pony Canyon
 KING CRIMSON / Island(1999;1971) / Pony Canyon
 KING CRIMSON / Larks' Tongues In Aspic(1989;1973) / Pony Canyon
 KING CRIMSON / Starless And Bible Black(1989;1974) / Pony Canyon
 KING CRIMSON / Red(1989;1974) / Pony Canyon

« 地を這う日々(201804中旬-1) | トップページ | 地を這う日々(201804下旬-1) »

cats everywhere」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/66641850

この記事へのトラックバック一覧です: 地を這う日々(201804中旬-2):

« 地を這う日々(201804中旬-1) | トップページ | 地を這う日々(201804下旬-1) »