2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

« 地を這う日々(0702~0708) | トップページ | 地を這う日々(0716~0722) »

地を這う日々(0709~0715)

 協議とかが多かった週。久しぶりに少し外回り。史跡である古墳群を久しぶりに見る。大きな古墳で復元整備されていないものは、見た目が丘にしか見えない。

 中の人として共同広報インスタに投稿。今回のインスタをきっかけにネットでの広報や情報発信について改めて考え始める。

 仕事の帰り、後輩3人と呑みに行く。この日の話題はネットにおける情報発信のこと。いろいろ議論はしたが、とりあえず4人が同じ職場にいた時代に稼働していた非公式アカウントを再稼働させることになった。後輩たちと一緒にいろいろと試行錯誤してみることにする。年の離れたおっさんに付き合ってくれた後輩たちに感謝。

 職場近くの公園で、仔猫を連れたメス猫を見つける。仔猫の模様はすべて異なっていて、色々な系統が混じっているのだなぁと素直に思う。実に可愛い。

20180710kitty

 週末、二日懸けてミュージアム巡礼。兵庫県立歴史博物館で特別展「ふしぎジオラマミュージアム」の開会式に出席し、午後からは兵庫県立横尾忠則現代美術館「横尾忠則 画家の肖像」展、兵庫県立美術館「プラド」展を少し駆け足で回る。ちょうど、ミュージアムスタンプラリーが始まったところで、県立美術館で最初の関門である3館達成。オリジナル鑑賞ノート(いわゆる、測量用具のスケッチブック)を貰う。5色の中から選べるにもかかわらず、こちらの希望を聞かずに特定の色を押し付けようとするのを阻止し、ピンクをゲット。翌日、兵庫県立考古博物館で4館目を達成し、トートバッグを貰う。この分だとスタンプラリーは2周りは行けそうだ。
 ただ、県美では「県美プレミアム」(常設展)の方が興味深かった。手で見る造形シリーズ展「触りがいのある犬-中ハシ克シゲ」は面白いし、「ひょうご近代150年」展では私の大好きな荒木高子「砂の聖書」!!が出陳されていた!。加えて、秋に行われる「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」展も面白そう。

聞いた音源
 DEAD END / Zero(1989) / BMG Victor
 ANEKDOTEN / Vemod(1995) / Arcangelo
 人間椅子 / 二十世紀葬送曲(1999) / meldoc

« 地を這う日々(0702~0708) | トップページ | 地を這う日々(0716~0722) »

cats everywhere」カテゴリの記事

Museum」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29579/66948640

この記事へのトラックバック一覧です: 地を這う日々(0709~0715):

« 地を這う日々(0702~0708) | トップページ | 地を這う日々(0716~0722) »