2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

« 今月の本・雑誌(2019年11月) | トップページ | 今月の本・雑誌(2019年12月) »

地を這う日々(201910~201912)

 ブログというもの、一度更新が止まってしまうと、なかなか再開できないもの。ご多聞に漏れず拙ブログも同様に。

 とりあえず、記録的な意味のある月ごとの購入書籍とそれに関するメモ、大体書き終わっていた9月の出来事を修正してアップロード。

 次に年の瀬に当たって、ここ3カ月の事を少し振り返ってみよう。

 今年後半に起こったこと、あるいは感じた事の多くはおひさまゆうびん舎さんという古本屋さんが一つの中心であったことは間違いない。

 ここで出会った夏葉社という出版社の存在から、一人出版社という概念を初めて知ることになったし(同人誌的なものはこれまでも身の回りにあったのだけど)、古本屋やブックカフェが様変わりしていることについても、認識を新たにした(大袈裟だけど)。

 まあ、その縁もあって、十輪寺で行われた「ほんのわいち」という一箱古本市中心のイベントを覗いてみた。このイベントに行ったことで、この後に繋がる「御縁」が生まれる。この前後からおひさま人脈の方々とSNS上でつながり始めていたのだが、リアルでもお目にかかることになったから。あと、この日にはもう一つ、ちょっと良いことがあったのだが、それは自分の胸にしまっておこう。

 今の配属先は、基本的にあまり好きではない(自己評価ではまったく向いてない)。周りからは少しばかり評価されているみたいだけれど、それがモチベーションに繋がっていないことがそもそも不幸なのかも。仕事自体は同じ部署の人たちが支えてくれているので何とか廻っているけれど、このまま続けていけるのか。

 しかし、どうしても零れ落ちていく気持ちの問題とか、すり減っていく精神的な部分については、陰からフォローしてくださる方や気分転換の相手をしていただいている方の励ましで、低空飛行ながら、出社拒否には至らずにいる(休み明けはちょっと危ないけど)。

 ただ、最近、好きなことに一生懸命なあの人の姿を見ていると、今の配属先にしても好きで選んだ道の一部でもあるので、投げ出さずに行きたいとは思う(頑張らないけどね)。

 で、今月はいろいろ楽しいこともあった。一つは仔龍が高校の時のPTAの仲間と御縁が続いていること。半年に一回の集まりが恒例化しつつある。次回の幹事も決まった。それとおひさまゆうびん舎さんの忘年会?に混ぜてもらったこと。仕事でも、学校でも、地縁でもない、私にとっては不思議で暖かな集まり。本当に楽しかったなぁ。ということで、おひさまゆうびん舎さんに行った時の写真を載せてしまおう。

Ohisamayuhbinsha

今日聞いた音源
 Gary Moore feat. Phil Lynott「Out In The Fields」
 Scorpions「Blackout」
 Deep Purple「Burn」
 Uriah Heep「Look At Yourself」
 Black Sabbath「Black Sabbath」・「N.I.B.」
 アンセム「ワイルド・アンセム」
 カルメン・マキ&オズ「私は風」・「閉ざされた町」
 SHOW-YA「私は嵐」
 世田谷ピンポンズ「アンジェラス」・「WORLD WIDE LOVE」
 井上陽水「傘がない」・「氷の世界」
 谷山浩子「あやつり人形」・「人形の家」
 りりぃ「私は泣いています」・「家へおいでよ」
 Yellow Magic Orchestra「Rydeen」

« 今月の本・雑誌(2019年11月) | トップページ | 今月の本・雑誌(2019年12月) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今月の本・雑誌(2019年11月) | トップページ | 今月の本・雑誌(2019年12月) »