2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

« 今月の本・雑誌(2019年12月) | トップページ | 低空飛行な日々(Jan, 2020) »

謹賀新年

20200101

 復活したのか、それとも再び沈黙するのか、自分でも良く判らないが、このブログを気に留めていただく方々にとって、良い年でありますように。
 自分にとっては、「喜怒哀楽」のうち、「」の割合が減れば嬉しい。

 酔っぱらって三賀日を過ごすつもりでいた。しかし、諸般の事情で洗い物当番とか、休み明けのゴミの日に向けて、自分が困らないようにゴミをまとめていたりすると、それなりにアルコールを摂取しているはずなのに、酔っぱらえない。まあ、独酌状態が悪いのかもしれないけど。それはそれとして、「れんと」は空になったし、プレモル黒もあと3缶。メーカーズマークも封は切ったので、呑んでいないとは言えない。

 まあ、初日の出はちゃんと見ることができたし、おせちも少しは食べたし、ようやく萩原恭二郎『死刑宣告』をちゃんと読み始めた。
 当たり前のことだが、私の手元にあるのは日本近代文学館による復刻版(S52)。原著については良く判らないけれど、半分くらい袋とじ製本なので、その袋とじを開封していくのが、古書初心者としては面倒だし、何となく心理的抵抗があって、これまで読んでなかったのだ。
 ともあれ、「野獣性なる人間的なる愛の詩集」を少しずつ紐解いていこう(この本には開封の方がふさわしいか)。今、前橋文学館で、萩原恭二郎生誕120年記念展もやっているし、複数のアーティストが萩原恭二郎の詩に曲をつけて歌うイベントも今週末にあるのだが、ちょっと遠いな。

「うなされる睡眠は恐怖の青い液汁を吐く
  キュービストの港の絵のように
   疲れた倦怠 肉体はしびれている(後略:原文は旧字・旧仮名遣い)」

年末年始に聞いた音源
 LENNY KRAVITZ「Deuce(KISS cover)」
 MEGADETH「Paranoid(BLACK SABBATH cover)」
 THE YELLOW MONKEY「Shout It Out Loud(KISS cover)」
 野村真貴 with Dimitri from Paris「I Was Made For Lovin' You(KISS cover)」
 SCUDELIA ELECTRO「Beth(KISS cover)」
 PUDGS「Detroit Rock City(KISS cover)」
 KING CRIMSON「Starless」
 DEAD END「Serafine」
 UNLUCKY MORPHEUS「Black Pentagram」

« 今月の本・雑誌(2019年12月) | トップページ | 低空飛行な日々(Jan, 2020) »

音楽」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Museum」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今月の本・雑誌(2019年12月) | トップページ | 低空飛行な日々(Jan, 2020) »