2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

グルメ・クッキング

束の間の再開あるいは低空飛行の日々(201709初旬)

 いろいろあって、テンションが低いまま原稿を書いていると仔龍の担任から直電。新学期初日にいきなりの無断欠席をかましたらしい。まあ、夏休みの課題がほとんどできてないので、行くに行けなかったのかも。実習でケッテンもらっているので、私の展覧会以上に綱渡り。

 さすがに長月に入るとツバメは戻ってこなくなった。当たり前といえば当たり前だが、ちょっとした欠落感がある。

 いくつかやっているスマホのゲーム。そのうちの一つの調子がイマイチ。まぁ、原因はゲームサーバー側ではなく(ゼロとは言わないが)、こちら側の問題。使っている端末(SO-04E)が古いせいだろう。発売後、丸4年も経ち、Andriod4.2.2では異様にアニメーションに力点を置いたゲームには付いていけない(せめて、宝具アニメーションのスキップ仕様があれば・・・)。仔龍の端末の分割払いが終わったら買い替えを考えよう。

 仔虎の引っ越し予定先を見学。古いアパートだが、風呂付で二間ある上、狭いながらもキッチンがあり、風呂の前には洗濯機を置くスペースもあるのだった。ただ、これまでは家具付き、Wi-Fi設備有のシェアハウスにいたわけで、アパートに移るとなると家具やネット環境の整備が必要になるが、どうするのだろうと第三者モードの私。このままだとまた通信制限かかりそうなどど枝葉末節なことだけ考える。費用は申し訳ないが中虎持ち。集荷の合間に荷物運版係として一日で引っ越し予定。

20170904cake

 帰りにたつの市にあるシャウム・クレームというケーキ屋さんによる。午前中だったためか、ティールームは営業していなかった。前に一度来た時も、ティールームが営業してなくて、リベンジのつもりだったのに残念。ケーキを買って、私の分はブルーベリータルトだったが、これでバースデイケーキは終わり?。まあ、自分で買っていた時よりはマシだけどね・・。

 原稿は牛の歩み。しかし、否応なしに期限は迫る。業者も決まったので、とりあえず、図版データと解説文以外のテキストを入稿。
 図録はいいとして、それよりも困った問題が発生。一度目は不調で再度やり直し。次も不調だと、何も考えたくない。

 迷いながら、結局ダウンロードしてしまったアルバム。周年かつレコード会社移籍時にありがちなセルフカバー集で、悪くはないのだけれど、アレンジのためのアレンジって感じで少し肩透かし。
 キノコホテル / プレイガール大魔境(2017) / King Records

かくも長き不在期間に関するメモ(201708)

 夏である。玉の研究会があり、講演会と成果図書が主題。成果図書は展覧会の参考書にもなるということだったが、私の担当部分については展覧会に出品される資料の関係でそれなりに大きな方向転換を余儀なくされることとなった。でも、この原稿は図録の原稿が上がるまでは取り掛かれない。他県の人から暫定版原稿が回ってきて、焦る。
 
 体調がすぐれないので病院で検査を受ける。第五頸椎のあたりが少し変形して神経を圧迫していることが判明。量は少ないもののしびれ止めも毎日服用することになる。結局、物理療法を受けても、変形した部分が改善されるわけでもないので、薬漬けが一歩進んだということだけか。

 車検の時にエンジンのイグニッションコイルを交換して、車の調子が戻ったので、墓参りのついでに兵庫県立美術館で開催されていた「怖い絵展」を家族で見る。仔龍が見たいといった展覧会なので、比較的スムースに意思の統一が図れた。会場で同じ職場の人と会い、少し立ち話。。

 結局、秋の準備は遅れ気味。お盆の頃からようやく図録の作成に入る。泥縄式の極みである。写真は並べたが、各章ごとの文章が進んでいるようで進まない。ガイドブックでしかない図録とはいえ、怠け者にはつらいものだ。それと集荷の日程調整。最終的には何とかはめ込むことができたが、結構ハードな日程になってしまった。
 ぎりぎりのスケジュールで借用資料の確認に伺うと、相手先の担当者が私を知っていた。話を聞いてみると、県内の大学で考古学を学んでいた際、研究室から私の現場や私が前回担当した特別展の見学に来ていたとか。世の中は狭いものだ。

 免許の更新。一応優良運転者なので講習も短い。でも、次の更新は定年の年だと気づいてちょっと愕然とする。

 「お別れ会」のつもりで企画した飲み会が状況の変化で「お祝いの会+図録脱稿前祝」になる。アクシデントがあり、延期という話も出たけれど、決行(そのため、出席できない人も)。発起人だけれども幹事ではないので私はお気楽だが、幹事は気を遣って大変だったと思う。
 最終的な参加者の構成からいうとレアキャラかつ年長者である私の負担割合を高くすべきだったのではと思いつつ、結局割り勘。懐具合の寒々しい身としてはありがたかったのであるが、気分的に割り切れなかったので、後日ちょっとだけお菓子を配る。男前には程遠い。

 夏の終わり、同僚の奥さんが亡くなる。年下だし、昔から知っていた人なので、それなりに落ち込む。続けて、同僚のお父さんが亡くなる。自分の身に重ねて考えると何とも言えない不安感が増していく。

 夏が終わろうとしているのに、2度目の営巣で巣立ったはずのツバメの若鳥2羽が夜になるとガレージに戻ってくる。巣立ったツバメは基本的に川原の葦原などで夜を過ごすはずなので、ちょっと変わりものだ。

 夏終末、馬齢を重ねる。お祝いにパオ・デ・ロの焼菓子をくれた方々がいて、ありがたいことです。義父からEneditの小瓶2本を貰う。スペイン産のおいしいエール(というか、スペイン産ベルジャンホワイト)。あと、バースデーケーキ代もくださったようだが、これについては期待しない方がいいかも。

図書館で借りた本
 荻原規子『エチュード春一番 第2曲』(2016)
 寺前直人『文明に抗した弥生の人びと』(2017)
 廣嶋玲子『鵺の家』(2015)
 家の近くの分館、ようやく耐震工事が終わって、9月から新装開店。返却ポストは8月末から再開。駅前で借りて地元で返す。気晴らしに軽く散歩するには便利になった。

不在期間に関するメモ(201602後半)

 いわゆるバレンタインデーがあり、会社でいくつかチョコレートを貰う。儀礼的なものは別にして、NOXプレミアムオーガニックチョコレートを貰う。アサイーとかバオバブの実とかのパウダーが入っていて、カカオ70%。何だか面白いチョコレートだった。

 審査中の事案に関して、ほぼ門前払いの回答。何とか家族の協力を得て、やっていくしかないのだ。20年前の自分がちゃんとしてなかったために、家族にも苦労を掛けてしまう。中虎に叱責されたものの、仕方がないじゃんと心の中で開き直りながら、やっていくしかない。

 仔龍さんは無事合格。埋文時代に調査した遺跡部分の道路工事による渋滞で受験番号が発表された瞬間に間に合わなかったのはご愛敬。それはともかく、合格は本当にうれしくて、ありがたかった。緊張から解放された本人が一番うれしいのだろうが。

 玉類の集成。肝心の某市からデータが出てこない。指定文化財だが、内容が知られているようで、正確なところがはっきりしないというのが一番困りもの。
 
岸田教団&THE明星ロケッツ / GATE-それは暁のように-(2015) / Warner Bros. Entertainment Inc.
岸田教団&THE明星ロケッツ / GATE II-世界を超えて-(2016) / Warner Bros. Entertainment Inc.

一人ぼんやりの休日

 週休日の都合で4連休になっていたのが、出張が入った結果、「連休・出張・休」という並びに。

 目が覚めたら、7時を過ぎていて、仔虎と中虎は出かけた後。仔龍が出かけるのを見送って、ダラーと過ごす。とはいっても、給料が出ているので、住宅ローンの振り込み(今月は団信保険料込なので約2割増だ)をしたり、後半の食費をおろす。

 有料衛星放送を眺めていたら、グラミー賞の授賞式を中継していた。まあ、グラミー賞そのものには興味はないのだが、物故アーティストのトリビュートパフォーマンスは多少興味がある。

 レディ・ガガがやったデヴィッド・ボウイのカヴァー・メドレーとハリウッド・ヴァンパイアーズがレミー・キルミスターのトリビュートでやったモーターヘッドのカヴァーは興味深いものだった。ジョー・ベリーとかアリス・クーパーっていい爺さんなのになんであんなに元気なんだ。私はすり減っていくばかりなのに。

 トリビュート・パフォーマンスを見ていたら、モーターヘッドが聞きたくなったので、iTunesを立ち上げる。最初はイヤホンで聞いていたのだが、よく考えれば家に居るのは私だけ。イヤホンを引っこ抜いて、ノートパソコンのスピーカーから音を出す。私のノートは据え置きタイプなので、スピーカーも大きめということもあって、実際に聞いてみるとそれなりにいい感じであることに気が付いた。音がよれないラジカセというところで何となく懐かしい音。これから一人の時はイヤホンはやめておくことにしよう。

 昨日買った「NAGAHAMA IPA special」を空ける。いい感じの苦味があって、コストパフォーマンスも優れている。まあ、家の近くでは売っていないけど。でも、「インドの青鬼」の方が手に入れやすくて、ほんの少しだけ安いんだよね。

 酒を呑んで、ぼんやりしてばかりだとあとあとツケが回ってくるので、部屋のごみを収集袋に移し、台所の食器を洗い、排水溝の生ごみも処理しておく。でも、このあたりのことは、休日のルーチンになっているのかも。まあ、稼ぎの悪い宿六としては出来ることはしておかないと身の置き場がないということなのであった。

 夜、「CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE」を空ける。これもうまい!。ホップの量が通常より多いということもあって、キレのある苦味と華やかな香り。でも、これはIPAだと思うんですが。

今週の音源(2/15)

 昼からのセミナーに出席するため、東京文化財研究所へ。昼からといっても、のぞみでも片道3時間以上かかるので、いつもの出勤時間と変わらない。

 本日出席したセミナーは「実験用実大展示ケースを用いた濃度予測と清浄化技術の評価」というテーマ。いわゆる「エアタイトケース」の構成材から酢酸その他の有害成分が放散されるので、ケース内の文化財を痛めないようにするにはどうするかというお題である。詳細はここに書くより、そのうち『保存科学』誌上に報告が載るだろうし、そうなれば東京文化財研究所のHPでPDFが公開されるので、それまでお待ちいただくのが確実だろう。セミナーは個人的には興味深いものでした。「個人的」にと書いたのは私自身が博物館業界に久しぶりに戻って来たこともあって、展示環境についての知識がようやくアップデートされたことによる。

 ただ、月曜日の上野の森というところは、東京都美術館も、国立西洋美術館も、国立科学館も、東京国立博物館も、何もかもが休館日であるので、自費で帝都に駆け上る余裕のないわが身にとっては何ともつまらない。まあ、「休館日」だからこの手のセミナーに出席しやすいという向きもあるのだろうが、個人的には月曜以外の方がよかったなぁ。「ワイン展」見たかった。

 昼食代をワンコイン以内におさめて、職場へのお土産も買わず(今の出張システムで日帰りだと赤が・・)、寒い懐からようやく絞り出したのは缶ビール2本分。長浜浪漫ビールの「NAGAHAMA IPA special」とOH!LA!HO! BEERの「CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE」である。最初は帰りの新幹線で呑むつもりだったのだが、隣の人が席に腰掛けるなりドライの500ml缶を開けたので、なんとなく気分が殺がれて、家に持ち帰り。

20160215beers

 で、酒も飲まずに何をしていたかというと、ペットボトルのお茶を飲みつつ、図書館で借りた『武器と弥生社会』を今頃になって読んでいたのであった。さすがに邪魔も入らないのでとぎれとぎれでも三分の一程度は読めた。

岸田教団&THE明星ロケッツ / GATE II-世界を超えて-(2016) / Warner Bros. Entertainment Inc.

今週の音源(11/19から11/23)

 今週の勤務は木曜日から始まったが、気分的には木曜日は勤務三日目。朝起きたら、講演会資料が届いていた。いただいた講演会資料のデータ、最初はA4あたり2スライドでプリントアウトしてみたが、聴講者の年齢構成を考えるとちょっと辛い。ということで、講師の方と打ち合わせたうえで、A4で1スライドに決める。結構大胆な感じもするが、内容が面白いし、こちらも楽しみになってくる。

 講演会の日は公用車も空いていなかったので、講師の方を迎えに行くため、自家用車で出勤。現場が終わったというのに、何故か会社に車で来る機会が続いている。

 それはともかく、ショートメールと携帯電話で連絡を取り合って最寄り駅までお迎えに行く。車の中で、少し鳥見に関するお話をし、館に戻って簡単な打ち合わせ。その後、講師の方は展示をがっつり見られた後、いよいよ講演会。私は視界をしながら、鳥形埴輪に関するレクチャーを受ける。
 
 講演会の内容は大変興味深いものだったが、何よりお驚いたのは講師の方にお土産をいただいたこと。La Maison de MASAKOのフルーツゼリー。宇都宮は餃子だけではないというアピールにお気に入りのショップのお菓子を持っていただいたようだ。でも、こちらは充分なお礼もできていないのにお土産をいただくなんて、恐縮してしまう。大変おいしかった。もう少し食べたかったが、いつも間にか完売。

 講演会の終了後、個人的に質問したい事柄もあったのだが、講師の方とうちの職場の先輩たちでプチ同窓会が始まってしまったので、部外者は遠慮。同窓会後、若狭の方に行かれるという行使の方を駅まで送っていく。ここでも鳥見関係の話。講師の方は野鳥の会のメンバーでもあり、ツバメの生息調査とかもされているのだ。いつか栃木の方にお邪魔することがあれば、ずうずうしく遺跡と鳥見の二本立てで先達を務めていただければいいなぁ。

 京都のプチお土産でBerry's kitchen studioのお菓子をいただく。素朴でおいしい。開店したばかりのお店で、キッチングッズも売っているらしい。いつか行けたらいいな。

 会社帰りの公園と家の近くの猫ポイントで普段はあまり見かけない猫たちが夜の集会をしていた。写真を撮ってみたが、スマホはスマホ。チェックしてみるとちゃんと取れていない。スマホのカメラは対人あるいは遠景用にしか使えない。それはともかく夜のカーキの写真をアップ。

20151123catsinthedark02

 晩秋から初冬にかけては深紅の王。
KING CRIMSON / Starless And Bible Black(1989;1974) / Pony Canyon
KING CRIMSON / Red(1989;1974) / Pony Canyon

三連休?

 一日目、家に居た。朝、ご近所猫ポイントでタビーに餌をねだられ、餌をあげて少し離れたところでタビーと遊んでいたところ、タビーの食べ残しを白髪交じりの黒い子ネコが食べていた。

 この子ネコは前にもブログにあげた猫で、少し大きくなっていました。仔龍が「シュヴァジュニア」(仮称)と呼んでいたので、これからは「ジュニア」と呼ぶことにした。ただ、もう一匹の灰トラ子ネコの姿を見かけなくなったのが心配。

20151118hosanna

 二日目、思うところあって会社に行ってみる。次の講演会をしていただく方に先週末メールを送っていたのだが、予想通りその返信が届いていた。あとはお昼の用意もあるし、当日の打ち合わせもしないと。ただ、資料の締め切りは翌日に設定しているので、もう一度休みの間に会社に行かないといけない。全然休みじゃないや。

 三日目。何が原因かは置くとして、私以外の家族全員が寝坊(私は休み)。仔龍はともかく、仔虎の方が遅刻確実となる。仕方がないので、私が送っていくことに。宍粟市まで車を走らせる。

 帰宅後、中虎とランチに行く。当初の予定では、朝会社にメールチェックをしに行って、お昼に戻り、合流するはずだったのだが、予定変更である。ランチの場所はホサンナの駅南店。メニューはいろいろあるのだが、fish & chipsを選ぶ。サラダバーとご飯はお替りできるとはいえ、ダブルコインなので、私にとっては毎日通えるような値段ではない。予想通りというか、何というかランチタイムの女子率が高く(うち以外は女子ばかり)、私の同業の方も店が近くなったとはいえ、ランチには来ていないのではないか。それはともかく、料理はおいしい。予定が変わった関係で、アルコールは抜き。食事後は中虎と別れて、会社にメールチェックに行った私であった。

中休み

 朝ネットをチェックしていたら、facebookで但馬の古墳群の現地説明会情報を見つけ、ちょうど休みだったので見に行くことにした。往復200Kmほどだが、ストレス解消にはいいかもしれない。

 中虎が昼食を用意してくれていたので、それを弁当箱に詰めて、家を出る。豊岡市日高町に向かう道は、一昨年は散々通った経路でもある。

 途中、朝来のサービスエリアで弁当を食べ、再び現地へ向かうが、その前に養父市八鹿町の谷常でチーズ饅頭「まる山」を買い求める。おいしそうな新製品もあったのだが、全部買うわけにもいかない。

 続いて、豊岡市立歴史博物館前にある酒屋さんに寄って、木下酒造の「玉川ひやおろし」の4合瓶を買い求める。

 それからようやく現場へ。ちょうど、まちづくり技術センター役員の現場視察が行われていたので、車に積んでいたまちづくり技術センターのヘルメットをかぶって、一向に紛れ込む(と言っても、お互いに顔見知りなのだが)。溶岩を使った石室というのはやはり違和感がある。

 現場の見学を終え、Cafe NICOへ行くかどうかを迷いつつ、遺物を見せてもらうため、プレハブの方にもお邪魔する。見学の後、現場担当者と整理担当課長と少しお話をしていた時、昨日思い出した人の名前を現場担当者から聞く。今年になって、この業界に復帰したとか。まあ、お目にかかる機会はないだろうが、元気でやっておられるようなので、よかった。

 時間と財布の余裕が無くなってCafe NICOに行くことはあきらめる。その代わり、帰りにKATASHIMAの「丹波栗のトポッシュ」を買う。これは美味しんだよね。

 久しぶりに200kmほど走ったら、それになりにストレス解消になっていた。まあ、おっさんで体力は低下しているのだけれど、檻にいたのが6年と短いので、どちらかというよ外回りの方があっているのかも。

連休だったはずの週末

 三連休のはずが、現場が終わらなかったので、後半の二日分は他の週に振替して、また一日だけの谷間休日。

 いただいた北海道麦酒醸造の「ラガー」と「オタルエール」を呑む。すっきり軽めの味わい。しかし、いつか小樽に行って、道外には出てこない小樽ビールのビールも味わってみたいものだ。

今週の音源(11/3から11/8)

六連勤パート2。
 文化の日、出勤している人間が少ないので、現場は止めて会社にいく。うちの会社では珍しくイベントのない祝日。しかし、久しぶりに出社して落ち着いて仕事をしていると、忘れていたことを思い出してしまう。展覧会前半のイベントで宣伝用に貸し出した私物が戻ってきていないことに気付く。当日のイベントを担当した同僚に聞いても要領を得ない上に、責任の所在を曖昧にしようとする。僕の根が怠け者であるように、この人の根は適当なんだなぁ。今後、付き合い方を考えよう。

 二日目は会議の日。館長が課の会議にも参加されたので、全体会議の席で言っていただきたいことを振っておく。課の会議では次回企画展のポスター・チラシの案が議題になり、ツッコミが入りまくる。デザイン面のことはともかく、その遺物をポスター・チラシに使うかというのが私の感想。まあ、考古学的に意義深いが完形でない資料と(復元)完形だが一般的な資料のどちらをとるかというのは決めがたい点もあるが、原稿を書く立場からするとそれは選んじゃダメだろうというのがあったので、強い言葉が出てしまった。

 朝の通勤時に久しぶりにカーキの姿を見る。現場では猫の姿を見ないので、癒される。このネコは去勢されていることもあるのか、完全に地域ネコになっていて、本人(?)はどう思っているのかはわからないが、いい感じではある。

20151104cat

 三日目と四日目は再び現場。委員会で指摘されたことを確認する。下層確認をしていると、これまで地山だと思っていた層が整地層である可能性が出てきた。となると、礎石の方は・・。

 現場の状況はいいとして、一人で現場にいると(作業員さんを除く)、昨日は週末のイベントのデモンストレーションがあったなぁ(成功したと知らせてくれる人があった)、今日は事例報告会をやっているのだとか、頭に浮かんでくる。昨年度までは別の組織にいたこともあって、こうした事はあまり気にならなかったのだが、自分が現場にいることが「正解」なのかどうか、もしかしたら全国から来館されているスタッフに展覧会の案内をする方が対外的には「正解」なのではないかと今更思い悩んでも仕方がないことに悩んでしまうのであった。この中途半端な苛立ちみたいなものは、現場から戻り、前夜祭に出席した時にピークに達し、ホームの行事であるのに、アウェーであるような感覚が続いていたのだった(まあ、前夜祭の出席者が想定より増えた結果、主担当以外のわが社のメンバーが部屋の片隅に固められてしまったことも一因だが)。

 五日目。イベント当日。私は屋内の対応なので、午前中はほとんどすることがない。おまけに、一緒に担当していたのが私の私物を行方不明にした本人で、前夜にもカチンときた事があったので、会話するのも面倒で放置。ただ、このイベントにはフランス地方料理MOMOKAが屋台を出しているのが私的には一番の楽しみ。しかも、今年はスタッフ用に鹿肉弁当まで作ってくれているのだ。このレストランの屋台については、中虎も楽しみにしていて、鹿肉弁当は中虎の分も予約しておいた。
 外のイベントは盛り上がっているものの、展示室への人の流入はイマイチで。午前中は普通に溜まっていた仕事を片付け、MOMOKAに弁当を取りに行き、弁当だけではなく、猪肉のソーセージと鹿肉のワイン煮込みも追加で買ってしまう。ランチに2000円以上使うというのは結構ストレスの解消になるものだ。
 中虎と仔龍がやってきて、聞いてみると鹿肉マンとかキッシュとかも買ってから、イベント会場を一回りしたらしい。ただ、仔龍にとっては、砂金探しとかがなかったので、興味を惹かれる古代体験はなかったらしい。
 午後からは少しは人の流れが展示室にも向かい始めたので、ゲリラ的にギャラリートークを連続して3回やってみる。普通は日曜に1回やるだけなので、自分としてはスペシャル感があるのだが、観覧者には判らないだろうな。初回には中虎と仔龍がいたので、別の意味で緊張する。

 六日目。思いのほか遺物が出て、コンテナが足りなくなったので、公用車で現場まで持っていく。館に戻ってくる際、途中でQueen of The Ceremonyの労をねぎらうためスウィーツを購う(ついでに自分の分も)。午後からギャラリートークをしたが、ちょっと喉の調子が悪い。

SHOW-YA / Glomorous Show~Japanese Legendary Rock Covers(2014) / USM JAPAN
岸田教団&THE明星ロケッツ / GATE-それは暁のように-(2015) / Warner Bros. Entertainment Inc.
岸田教団&THE明星ロケッツ / hack/SLASH(2014) / Warner Bros. Entertainment Inc.

より以前の記事一覧