2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

Museum

低空飛行の日々(201710下旬)

 先月の事故以来、電車に乗るときは必ず足元を確認するようになった。いつまで続けるかはわからないけれど、確認しているうちは足を踏み外すこともないだろう。

 外部での講義(講演)のため、宝塚に行く。台風の影響で気象警報がなかなか解除にならず、中止・補講の線も見えたが、タイムリミット5分前に警報解除で講義は予定通り実施。まあ、講義のことはある意味どうでもいいのだが、昼食と時間調整のため宝塚阪急を覗く。ハロウィン前でお菓子売り場が活況を呈している上に、テナントに富沢商店も入っていた。最近はお菓子を作っていないが、愛用していた紙型が並んでいるのを見るとマフィンかパウンドケーキを焼いてみようかという気になる。でも、お菓子を焼くことでストレスが解消できた時代は過ぎ去ってしまい、今はお菓子を焼くことでストレスを抱え込むことになりかねないので、結局のところ型を買うのはスルー。

 展覧会の講演会も最終回。講師は大学の先輩。台風が接近していたにもかかわらず、盛況。終了後、時間休を取って二人で呑みに行く。先輩と知り合って36年だが、余人を交えずに呑むのは初めて。いろいろお話をさせてもらった上、ご馳走になってしまった。講師の方に担当者がおごってもらうなど申し訳ない限り。
 お酒絡みではよいことがもう一つ。シメイの「グランドレザーブ2016限定モデル」がWorld Beer Journyのプレゼントで当たった。嬉しい!
 長野駅で買った信州ナチュラルビール「BLOND ALE」・「PORTER」・「ESB」、グランドキリンの「IPA」・「JPL」、エチゴビール「RISE UP IPA」、lancelotのBlanche Hermineを先旬から呑む。最後のは輸入物だけれど、国産クラフトビールも多彩だなぁと思う次第。

20171028gpcake
 アルコールを摂取しながらだらだらと日を過ごしていたら、季節が急激に移ろい、体調を崩す。アルコールは絶ったものの、家で静養とはいかないのが憂き世の常。仔虎を参加するイベントに送迎したり、下宿用のカーテンを買い求め、荷物が増えた仔虎を下宿まで送るなどなど、体と財布にあまり良くないことが続く。仔虎の下宿を覗いて、引っ越しの際の悪夢が蘇る。
 そのよう中、イベント会場で山陽盃酒造の庭酒を買って、西播磨のスイーツコンテストでグランプリを取った菓子の樹というお店の「茜空」というケーキを食べられたのは気晴らしになった。庭酒は日本酒発祥の地ともいわれる宍粟市庭田神社の境内で採取した酵母で醸した酒で、限定品だ。庭田神社は仔虎がいたシェアハウスのすぐ近くで、引っ越しの日にケーキ3個をやけ食いした場所でもある。

 下宿に戻った仔虎が体調を崩したとの連絡。タイミング的には家にいる時から体調不良になっていた可能性が高く、心配とともに腹立たしさが募る。仔虎はイベントの後、雨の中を自転車で出かけたり、下宿に帰る前にもどこかに行っていたり、体調よりも目先の欲望(おそらくTCGのカード探し)を優先させていたことになる。自己の欲望を制御しにくい自覚はあるようだが、もう少し考えてほしいもの。
 吐き気と頭痛がするというので、リンパ腺炎の再発かと身構えたが、一日で下宿から戻り、診察を受けた結果、幸いなことにアレルギー症状と疲労ということだったようだ。体に爆弾を抱えている割には、体調管理ができてないのだよな。

 春に続き、同じ雌猫がガレージのプランターで出産した。今回はトラが3匹。そろそろ活発に動く出しそうなくらい成長してきた。うちは夜になるとガレージ締め切るので、夜に餌をあさりに行く母猫がロックアウトされ、朝まで子猫だけになることもあるようだ。

20171025kitty

 シンポジウムのプレゼン資料の作成依頼、討論会の段取りなどの打合せ資料が次々届く。特に段取りの打合せをみて、この2週間の間に詰め込まなければいけない事項の多さに暗澹とした気分に襲われる。そういえば、シンポジウム以外にも講演会が1本入っていたなぁと遠い目。

聞いた音源
EARTHSHAKER / The Best of Nexus Years(2002) / King Records
 「ナイフを握りしめた~ 18の日々がよみがえる」
MANDRAKE / Unreleased Materials Vol.1(1997) / Belle Antique
IRON MAIDEN / Eddie's Archive(2002) / 東芝EMI

低空飛行の日々(201710中旬)

 成果図書の原稿は泥縄で泥沼。残り千字足らずで、煮詰まらないで行き詰まり。でも、いつまでも足踏みを続けるわけにはいかず、何とか脱稿。しかし、書いていている過程で先に提出したシンポジウム資料に訂正が必要なことが判明。一度だけ校正ができるそうなので、そのタイミングで訂正しよう(赤だらけで怒られるかも)。と思ってたら、校正の依頼。何とか、訂正点は誤魔化しました。でも、他の人の文章をちゃんと読む余裕はなかった。一番素人は私だしね。

 新聞原稿も700字余りしかないないのに、なかなか進まない。でも、こちらも何とか書き上げて、上司がくどい部分を修正した後、新聞社へ。こいつも私の週休日に校正が届いたのだけれど、なんと不思議なことに自分でちゃんとチェックして一か所誤字を修正。

 先月いただいたレモンのリキュールを開栓。結構アルコール度数が高い(35度)ので、ストレートで呑むとちょっとつらいが、ソーダ割にするとレモンの香りとほのかな甘みが感じられて美味しい。本人にも当然感想とお礼は言ったけれど、ありがとうとここにもお礼を書いておこう。貰い物といえばプリンセスエールも呑んでみた。軽やかなエールだった。こちらもありがとう。

 当初一人で行くつもりだった展覧会、いただいた招待券の枚数を勘違いしていて、同僚に分けたら、一緒に来ると言い出した中虎の分がない。混雑していると噂の展覧会なので、コンビニでチケットを事前購入。さらに私鉄の一日乗車券も二人分購入。

 一日乗車券とチケットを握りしめて、京都国立博物館の「国宝展」へ。阪急京都線や神戸線の特急列車に展覧会の中吊り広告が並んでいて、そこまで金を掛けなくても観覧者は来るのでは?と素朴な疑問。一日乗車券は経路が限定されるので、河原町からバスで東山七条というルート。京博にはJR京都からバスor歩きか京阪七条から行くことが多かったので、初めてのルートかも。

 「国宝展」は予想通り混雑していて、チケット購入の列はなかったものの、入り口で5分ほど待つ。そして、展示室は作品よりも人を見に行ったような状態。最近はあまり来ていないけれど、京博がここまで混んでいるとは経験がない。とりあえず、比較的すいているところを縫うように見学する。個人的には東京国立博物館の普賢菩薩像が展示されていたのがうれしかった。この普賢さんは実にキレイ。
 それと会社の展覧会で借用している銅鐸の同笵鐸を見て、界線が補刻ではないことを確認し、ちょっと嬉しくなる(うちで展示している同笵鐸は二つとも補刻)。チケットと乗車券で予算を使い果たしているので、図録は見送り、グッズは中虎にお任せする。
 マリアージュフレールが京博の120周年に合わせて「キョウトアールグレイ」を販売していたのには驚く。リーフティが切れていたので、中虎がお買い上げ。あと、トラリンの聖護院八つ橋と若冲の野菜涅槃図一筆箋を買ってもらった。

 河原町駅前で昼食を食べようと思ったら、2時になっていて、次の目的地である神戸ゆかりの美術館に行くには結構ぎりぎりのタイミングであることがわかる。ラーメン屋さんで急いで昼食を済ませ、再び阪急特急に乗る。岡本で降りて、少し迷った末、神戸みなと観光の路線バスで六甲アイランドへ。
 何とか4時過ぎには神戸ゆかりの美術館到着。時間は少し短いものの「萩尾望都SF原画展」を見学。現在から振り返ると『11人いる!』って初期作品なんだと年寄りは思う。SFという括りなので、展示されていない作品(『ポーの一族』、『残酷な神が支配する』など)があるのだが、それ以前に買っていない作品がそこそこあって自分でもびっくりする。

 ご近所の地域ネコ?であるシュヴァルツの様子を見に行く。久しぶりに会ってみると、そっくりで一回り小さな猫が傍らで寝そべっている。名前がないと不便なので、一応、ノアールと呼ぶことにしよう。瞳の色も一緒だし、血縁関係があるのだろうか。シュヴァルツは毛並みがいい猫だが、ノアールは若いせいかそれ以上に艶々。でも、シュヴァルツほど人馴れしていない。でも、寛いでいるよなー。
20171018swandn


かくも長き不在期間に関するメモ(201707)

 月末に研修を連続して受けるため帝都出張。情報交換会に出るため、宿代を節約した結果、カプセルでもなく、昔の寝台特急のようななんとも言えない宿に。少し後悔したが、一泊するだけならこれでいいかも。空き時間を利用してインターメディアテク東洋文庫ミュージアムに行ってみる。どちらもいい感じだった。東洋文庫ミュージアムの書庫再現展示はいい。アナログ世代としては、天井まで届くような書庫というところに憧憬を抱いてしまうのだ。インターメディアテクは一度行ったことのある小石川の資料館と最新のメディア展示が同居していて、ここはここで不思議な空間。

20170727toyobunko

 ご近所猫の親子はいつの間にかいなくなり、親は見かけることはあっても、子ネコの方は見かけなくなってしまった。それになりにかわいい子ネコたちだったので、奇特な人が連れて帰ったのであればいいが。

 ツバメ(3羽)が無事巣立ち、しばらく経って、同じツバメかどうかはわからないが、今季2度目の営巣がはじまった(2羽)。

 4月の人員配置、5月の異動がじわじわと課を疲弊させていく。悪い予想がそのまま現実になっていくので、笑うしかない。

図書館で借りた本
 山田康弘『老人と子供の考古学』(2014)
 国立歴史民俗博物館編『築何年?』(2015)

かくも長き不在期間に関するメモ(201706)

 資料調査で帝都へ。行く直前に急な物入りがあり、経費は超緊縮。とりあえず、時間的に訪問できる可能性があるミュージアムかつ招待券or無料観覧できるところをピックアップ。侘しくはあるが、自費ではとても帝都には行けないのでチャンスはチャンス。

 最初は見るつもりのなかった国立歴史民俗博物館の常設を「歩き」、佐倉市立美術館で無料冊子をいただいたついでに、「小林ドンゲ」展を見たら、すっかり時間切れ。歴民から美術館へ行く途中というか、歴民の駐車場でなかなかきれいな猫に会う。

20170609cat_at_the_nmjh_2

 当初見学予定の2館は諦めたが、7月にも別件で上京するし、その隙間時間で回れそうなので、もう一度計画を練り直すことにした。夕食は家で摂ることにして、赤字の出ない範囲でプレミアムモルツを1缶だけ買う。
 
 今年は数年ぶりにツバメが営巣。順調に育ってきた。

 Swallows_of_june_2017

 今度はご近所野良猫がガレージで出産。鯖トラ3・黒1と大変かわいいのであるが、ツバメにとっては緊張感が高まる。それに人間にとっては、ネコノミ被害が・・。

201706_kitties_at_my_garage_2

図書館で借りた本
 相も変わらず、わが社の蔵書にあるべき本を外部で借りている。
 山田雄司『忍者の歴史』(2016)
 岡村秀典『鏡が語る古代史』(2017)
 椎名雄一郎『パイプオルガン入門』(2015)
 廣嶋玲子『妖たちの四季』(2016)
 月村了衛『追想の探偵』(2017)
 池澤夏樹『キトラ・ボックス』(2017)
 福嶋紀子『赤米のたどった道-もうひとつの日本のコメ-』
 茶の湯文化学会編『日本茶の湯全史 第2巻 近世』(2014)
 工藤雄一郎/国立歴史民俗博物館編『ここまでわかった!縄文人の植物利用』(2014)
 村上恭通編『モノと技術の古代史 金属編』(2017)
 小杉康・谷口康浩・西口泰民・水ノ江和同・矢野健一編『縄文時代の考古学3 大地と森の中で』(2009)
 佐藤洋一郎監修・木村栄美編『ユーラシア農耕史4 さまざまな栽培植物と農耕文化』(2009)

今週の音源(2/15)

 昼からのセミナーに出席するため、東京文化財研究所へ。昼からといっても、のぞみでも片道3時間以上かかるので、いつもの出勤時間と変わらない。

 本日出席したセミナーは「実験用実大展示ケースを用いた濃度予測と清浄化技術の評価」というテーマ。いわゆる「エアタイトケース」の構成材から酢酸その他の有害成分が放散されるので、ケース内の文化財を痛めないようにするにはどうするかというお題である。詳細はここに書くより、そのうち『保存科学』誌上に報告が載るだろうし、そうなれば東京文化財研究所のHPでPDFが公開されるので、それまでお待ちいただくのが確実だろう。セミナーは個人的には興味深いものでした。「個人的」にと書いたのは私自身が博物館業界に久しぶりに戻って来たこともあって、展示環境についての知識がようやくアップデートされたことによる。

 ただ、月曜日の上野の森というところは、東京都美術館も、国立西洋美術館も、国立科学館も、東京国立博物館も、何もかもが休館日であるので、自費で帝都に駆け上る余裕のないわが身にとっては何ともつまらない。まあ、「休館日」だからこの手のセミナーに出席しやすいという向きもあるのだろうが、個人的には月曜以外の方がよかったなぁ。「ワイン展」見たかった。

 昼食代をワンコイン以内におさめて、職場へのお土産も買わず(今の出張システムで日帰りだと赤が・・)、寒い懐からようやく絞り出したのは缶ビール2本分。長浜浪漫ビールの「NAGAHAMA IPA special」とOH!LA!HO! BEERの「CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE」である。最初は帰りの新幹線で呑むつもりだったのだが、隣の人が席に腰掛けるなりドライの500ml缶を開けたので、なんとなく気分が殺がれて、家に持ち帰り。

20160215beers

 で、酒も飲まずに何をしていたかというと、ペットボトルのお茶を飲みつつ、図書館で借りた『武器と弥生社会』を今頃になって読んでいたのであった。さすがに邪魔も入らないのでとぎれとぎれでも三分の一程度は読めた。

岸田教団&THE明星ロケッツ / GATE II-世界を超えて-(2016) / Warner Bros. Entertainment Inc.

今週の音源(2/9から2/12)

 先週で終えるはずだった玉類の集成を持ち越してしまう。玉類というのはあまり重視されていないのか、古い時期の報告書だと記載が曖昧なものが多いのだ。特に集成を提出してくれなかった市町の古墳でいくつかあって、報告書に当たっても何にも解決しないので、会社に一人居残って作業していると軽い呪詛が口からこぼれてくる。

 それでもちゃんと報告してくれたところには申し訳ない出来ながら、集成表は形にはなる。幹事県の担当者に送って第一段階は終了。ただし、3月の検討会に向けて、集成から読み取れることをまとめないといけない。でも、時期ごとの変化(材質・種類など)なんてあるのだろうか?。それに加えて、着装状態のはっきりした資料の抽出もする必要があるのだが、本報告のないものや出土状況の記載がないものも多いので、幹事県の思惑通りの資料は作れないかも。

 仔龍の私立高校入試。付き添いは中虎だが、駅前からバスに乗るまでついていくことにした。学校からの案内では直通の臨時バスがあるということで、指定された時間に行ってみると駅前は混乱していた。試験会場が二つあるのだが、それぞれの会場で受験する生徒の数にかなり違いがあるためか、片方の会場行きのバスしか運行されていないのだ。ちなみに仔龍の受験会場は不幸なことにバスが運行されていない方。臨時バスを請け負っている現場係員に聞いてみても、要領を得ない上、路線バスの方が速いとまで言い出す。ちなみに臨時バスを請け負っていたのは神姫バスだが、毎年のことなのに仕切りが悪いというか、全然社員教育が成っていない。このままでは遅刻するという時間になって、ようやく仔龍は受ける会場行きのバスがやって来たのだが、バス丸々一台分の受験生が遅刻しそうになったわけで、遅刻していたらバス会社としてどう責任を取るつもりだったのだろうか。ともあれ、あとで聞いてみると間にあったとはいえ、際どいところだったらしい。仔龍を見送った後、中虎は一度家に戻り、私は出勤。試験の終了後、駅まで迎えに言った中虎と仔龍は本命の高校の作品展を見に行って感銘をうけたということで、私も最終日に覗いてみることにした。

 天候の良かった祝日、昼休みに職場横の公園をカメラ片手に散策。するといつもの鳥に加えて、見かけるとは聞いていたものの、自分の目で確認するのは初めての冬鳥が。いい日だ。

20160211brownearedbulbul

いつも見かけるヒヨドリ


20160211bullheadedshrike

たまに見かけるモズ


20160211palethrush

初めて見たシロハラ

 鳥を見かけて気分が良かったのも一瞬で終了。外部からの借用依頼に基づいて画像データを探していたら、とある遺跡の画像が見当たらないことが判明した。退職された方にも確認した結果、画像のありかは判明し、少し遅れるものの画像は用意できる見込みとなった。ただ、同時に依頼のあった遺跡のものとは送付に時間差が生じるので依頼先には事情を説明しないといけない。ここに書くには問題が在り過ぎなので、これ以上は触れないが、飲み込んだ言葉は重い呪詛に錬成されそうである。

岸田教団&THE明星ロケッツ / GATE II-世界を超えて-(2016) / Warner Bros. Entertainment Inc.
生沢祐一 / Evil Shine(2004), 人・神・機(2006)
David Bowie / THE SINGLES 1969 TO 1993(1993) / RYCO

今週の音源(11/19から11/23)

 今週の勤務は木曜日から始まったが、気分的には木曜日は勤務三日目。朝起きたら、講演会資料が届いていた。いただいた講演会資料のデータ、最初はA4あたり2スライドでプリントアウトしてみたが、聴講者の年齢構成を考えるとちょっと辛い。ということで、講師の方と打ち合わせたうえで、A4で1スライドに決める。結構大胆な感じもするが、内容が面白いし、こちらも楽しみになってくる。

 講演会の日は公用車も空いていなかったので、講師の方を迎えに行くため、自家用車で出勤。現場が終わったというのに、何故か会社に車で来る機会が続いている。

 それはともかく、ショートメールと携帯電話で連絡を取り合って最寄り駅までお迎えに行く。車の中で、少し鳥見に関するお話をし、館に戻って簡単な打ち合わせ。その後、講師の方は展示をがっつり見られた後、いよいよ講演会。私は視界をしながら、鳥形埴輪に関するレクチャーを受ける。
 
 講演会の内容は大変興味深いものだったが、何よりお驚いたのは講師の方にお土産をいただいたこと。La Maison de MASAKOのフルーツゼリー。宇都宮は餃子だけではないというアピールにお気に入りのショップのお菓子を持っていただいたようだ。でも、こちらは充分なお礼もできていないのにお土産をいただくなんて、恐縮してしまう。大変おいしかった。もう少し食べたかったが、いつも間にか完売。

 講演会の終了後、個人的に質問したい事柄もあったのだが、講師の方とうちの職場の先輩たちでプチ同窓会が始まってしまったので、部外者は遠慮。同窓会後、若狭の方に行かれるという行使の方を駅まで送っていく。ここでも鳥見関係の話。講師の方は野鳥の会のメンバーでもあり、ツバメの生息調査とかもされているのだ。いつか栃木の方にお邪魔することがあれば、ずうずうしく遺跡と鳥見の二本立てで先達を務めていただければいいなぁ。

 京都のプチお土産でBerry's kitchen studioのお菓子をいただく。素朴でおいしい。開店したばかりのお店で、キッチングッズも売っているらしい。いつか行けたらいいな。

 会社帰りの公園と家の近くの猫ポイントで普段はあまり見かけない猫たちが夜の集会をしていた。写真を撮ってみたが、スマホはスマホ。チェックしてみるとちゃんと取れていない。スマホのカメラは対人あるいは遠景用にしか使えない。それはともかく夜のカーキの写真をアップ。

20151123catsinthedark02

 晩秋から初冬にかけては深紅の王。
KING CRIMSON / Starless And Bible Black(1989;1974) / Pony Canyon
KING CRIMSON / Red(1989;1974) / Pony Canyon

今週の音源(11/13から11/15)

 自分でスケジュール調整した結果であるが、午前中に展示解説を30分×3セット。一つは今城塚古墳の地元グループの文化財ボランティア方々で、掛け値なしの「大王」墓の埴輪に接しているグループ。まあ、地方王墓の埴輪を見てどう思われたのかは判らないが、時期の違いと組成の違いがあるので、何とかご満足いただけたのかも。

 残りの2本は昨年度までいた職場で報告書のお手伝いをしていただいているグループを二つに分けての解説。喋る内容がぶれないよう少しは気を遣う。聞いたところによると研修という位置づけであるので、事後にレポートの提出が待っているとか。お気の毒である。しかも、そのテーマは展示を見た感想ではなく、遺物の復元はどこまで適正かということらしい。さらにお気の毒。

 講演会のあった日、仔虎が休日演習のため、車で宍粟まで送っていく。時間を短縮するため、宍粟からそのまま車で会社まで行く。

 講師の方と打ち合わせをして、講演会に臨む。当初、第1回目の内容的に講演と重なる部分があるのではと思っていたのだが、杞憂に終わり、なかなか興味深いものであった。個人的は古墳の破壊要因について巷間伝えられていることが、いわゆる「神話」であることが分かったのは大きい。まあ、近世以前に壊されていた方が、長持形石棺が破壊されて各地に散らばっている状況を説明するにもしっくりくる。その一方で天候は下り坂。翌日はウォーキングイベントなので、ネットで何回か確認。問い合わせに対しても、決行する旨を伝える。

 イベント当日、昨日の雨が予想以上に多くて、天候の回復は見込めるもののJRがダダ遅れ。どうなってしまうのかとも思ったが、少し合流が遅れた方はいたものの、何とか参加予定者は揃い、天候の方も小雨が降ったりやんだりではあったが、強い雨ではないので歩く上での問題はなかった。地元教育委員会の人にもいろいろご協力いただいて、イベントは無事終了。

 イベントの経路に下見をした時からちょっと気になっている店が一軒。いわゆる模型専門店なのだが、表から覗いた限りではそれなりの品ぞろえであるようで、この町でここまで需要があるのだろうかと余計なことを考えてしまった。

20151115toyshop

 イベントの行き帰り、私はローカル線の普通列車を使ったわけだが、竹田城駅での乗降客数が多く、ブームが続いていることを実感。

DEAD END / Zero(1989) / BMG Victor
DEAD END / Metamorphosis(2009) / Danger Clue Entertainment
DEAD END / Dream Demon Analyzer(2012) / Avex Entertainment

今週の音源(11/10から11/11)

 現場で下層確認の続き。やっぱり地山に見えていたのは整地層のようだ。となると、礎石らしい石の位置は動いていない可能性も出てきた。時間がなく、最後の締めくくりが少し粗くなってしまった。でも、発掘自体は困難だとしても、探査で何とかできる部分も少しはありそう。ただ、発掘にしろ探査にしろ、調査可能な部分がちょっと少ないのが一番の問題かも。

 ともあれ、遺物の洗浄とか来年度の報告書とか問題はまだまだあるのだけれど、一応現地の作業は終了。これでようやく展覧会の方に力を入れることができる。会期はまだ半分近く残っているし、イベントも残っているので、乗り切っていきたいもの。楽しみにしている講演会もあるし。

 米澤穂信の新作を借りる。これは『さよなら妖精』の主人公のその後の物語でもある。私はそのことを知らずにこの本を借りて、帯の内容紹介を読んで、かつて同じ職場で働いていた人を思い出した。その人は私より前からこの作家を読んでいて、この主人公が登場する競作オムニバス短編集のことも教えてくれた。そういえば、今回担当した展覧会に出品している資料の整理にも関わっていたなぁと懐かしくなったのだが、今何をしているかは全く知らないのであった。

 駅前支所に寄り、予約していた図書を受け取る。
夢枕獏・村上豊『陰陽師 鼻の上人』
米澤穂信『王とサーカス』
マーク・ホダー『バネ足ジャックと時空の罠(上・下)』

DEAD END / Zero(1989) / BMG Victor
DEAD END / Metamorphosis(2009) / Danger Clue Entertainment
DEAD END / Dream Demon Analyzer(2012) / Avex Entertainment

今週の音源(11/3から11/8)

六連勤パート2。
 文化の日、出勤している人間が少ないので、現場は止めて会社にいく。うちの会社では珍しくイベントのない祝日。しかし、久しぶりに出社して落ち着いて仕事をしていると、忘れていたことを思い出してしまう。展覧会前半のイベントで宣伝用に貸し出した私物が戻ってきていないことに気付く。当日のイベントを担当した同僚に聞いても要領を得ない上に、責任の所在を曖昧にしようとする。僕の根が怠け者であるように、この人の根は適当なんだなぁ。今後、付き合い方を考えよう。

 二日目は会議の日。館長が課の会議にも参加されたので、全体会議の席で言っていただきたいことを振っておく。課の会議では次回企画展のポスター・チラシの案が議題になり、ツッコミが入りまくる。デザイン面のことはともかく、その遺物をポスター・チラシに使うかというのが私の感想。まあ、考古学的に意義深いが完形でない資料と(復元)完形だが一般的な資料のどちらをとるかというのは決めがたい点もあるが、原稿を書く立場からするとそれは選んじゃダメだろうというのがあったので、強い言葉が出てしまった。

 朝の通勤時に久しぶりにカーキの姿を見る。現場では猫の姿を見ないので、癒される。このネコは去勢されていることもあるのか、完全に地域ネコになっていて、本人(?)はどう思っているのかはわからないが、いい感じではある。

20151104cat

 三日目と四日目は再び現場。委員会で指摘されたことを確認する。下層確認をしていると、これまで地山だと思っていた層が整地層である可能性が出てきた。となると、礎石の方は・・。

 現場の状況はいいとして、一人で現場にいると(作業員さんを除く)、昨日は週末のイベントのデモンストレーションがあったなぁ(成功したと知らせてくれる人があった)、今日は事例報告会をやっているのだとか、頭に浮かんでくる。昨年度までは別の組織にいたこともあって、こうした事はあまり気にならなかったのだが、自分が現場にいることが「正解」なのかどうか、もしかしたら全国から来館されているスタッフに展覧会の案内をする方が対外的には「正解」なのではないかと今更思い悩んでも仕方がないことに悩んでしまうのであった。この中途半端な苛立ちみたいなものは、現場から戻り、前夜祭に出席した時にピークに達し、ホームの行事であるのに、アウェーであるような感覚が続いていたのだった(まあ、前夜祭の出席者が想定より増えた結果、主担当以外のわが社のメンバーが部屋の片隅に固められてしまったことも一因だが)。

 五日目。イベント当日。私は屋内の対応なので、午前中はほとんどすることがない。おまけに、一緒に担当していたのが私の私物を行方不明にした本人で、前夜にもカチンときた事があったので、会話するのも面倒で放置。ただ、このイベントにはフランス地方料理MOMOKAが屋台を出しているのが私的には一番の楽しみ。しかも、今年はスタッフ用に鹿肉弁当まで作ってくれているのだ。このレストランの屋台については、中虎も楽しみにしていて、鹿肉弁当は中虎の分も予約しておいた。
 外のイベントは盛り上がっているものの、展示室への人の流入はイマイチで。午前中は普通に溜まっていた仕事を片付け、MOMOKAに弁当を取りに行き、弁当だけではなく、猪肉のソーセージと鹿肉のワイン煮込みも追加で買ってしまう。ランチに2000円以上使うというのは結構ストレスの解消になるものだ。
 中虎と仔龍がやってきて、聞いてみると鹿肉マンとかキッシュとかも買ってから、イベント会場を一回りしたらしい。ただ、仔龍にとっては、砂金探しとかがなかったので、興味を惹かれる古代体験はなかったらしい。
 午後からは少しは人の流れが展示室にも向かい始めたので、ゲリラ的にギャラリートークを連続して3回やってみる。普通は日曜に1回やるだけなので、自分としてはスペシャル感があるのだが、観覧者には判らないだろうな。初回には中虎と仔龍がいたので、別の意味で緊張する。

 六日目。思いのほか遺物が出て、コンテナが足りなくなったので、公用車で現場まで持っていく。館に戻ってくる際、途中でQueen of The Ceremonyの労をねぎらうためスウィーツを購う(ついでに自分の分も)。午後からギャラリートークをしたが、ちょっと喉の調子が悪い。

SHOW-YA / Glomorous Show~Japanese Legendary Rock Covers(2014) / USM JAPAN
岸田教団&THE明星ロケッツ / GATE-それは暁のように-(2015) / Warner Bros. Entertainment Inc.
岸田教団&THE明星ロケッツ / hack/SLASH(2014) / Warner Bros. Entertainment Inc.

より以前の記事一覧