2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

書斎の住人

  • ヴァルキリー
    うちの部屋に棲息するフィギュアたち
無料ブログはココログ

bijin-tokei

Museum

低空飛行の日々(201712後半-1)

 最初は予定していなかったが、書きだしてみると、思いのほか分量が増えてしまったので、1・2に分割することにした。

 会社に行っている時は、相変わらず低空飛行。この精神状態からは当面逃れられそうにない。そういった低空飛行の中、思い切ってホサンナに行ってみる。今月のゲストビールであるBrewdogのPUNK IPAとベアードビールのスルガベイ・インペリアルIPAの小さいサイズを一杯ずつ、それにフィッシュアンドチップス。細やかな幸せを感じる。レギュラービールもヤッホーブルーイングとかスプリングヴァレーになっていて、結構驚く。もう一回くらいは呑みに行きたいものだ。

 FGOのクリスマスイベントの結果は次の通り。」クエストクリアは当然として、周回の結果、私はとりあえずボックスガチャが10箱、仔龍は32箱。仔龍のスマホはバッテリーがおかしくなっているのに、どう考えてもやり過ぎだろう。

 今年は会社のメンテナンス休館が長くなり、その分だけメンテナンス対象となる個所も増え、3年目にして初めて気づくことも多かった。それにしてもメンテナンス作業のしにくい展示室であることよ。職人技の現場合わせや凝った照明も度を越せばメンテナスの困難さだけが残される。ピンポイントでしか外すことのできない部品なんて、設置の時には良くても、メンテナンスをする方にとってはイライラするだけ。

 姫路市立美術館の「永井一正展」を再訪する。再訪した理由は、地元の高校(永井の出身校)と美術館のコラボ企画展をやっていることに気付いたため。畑は違うが、ミュージアムと高校のコラボというのには興味が湧く。コラボ企画展の内容は永井作品のうち、「LIFE」シリーズのうちから、対象となった第1学年の1クラスの高校生が各人1枚の作品を選び、そこにその作品を選んだ理由なり、その作品の感想なりを書き添えるというもの。
 手順としては、学芸員による美術館の社会的役割や展覧会についてのレクチャー、学校の先生による永井の育った時代背景の授業、アートディレクターでもある永井の子息による展示室でのセッション(作品の選定)を経て、展覧会を構成する。ある意味、オーソドックスな手法。
 私にとって、一番興味をひかれたことは、高校生が選んだ40枚ほどのポスターに同世代である仔龍がイチ押しした作品群(描画手法が同じものも含め)が1枚も含まれていなかったことだ。個人の感性の違いといってしまえばお仕舞だが、美術館や作家のバックグランド情報を十分に得た(あるいは過剰に得た)学業成績優秀な普通科の高校生(スーパーグローバルハイスクール指定校)と教室にあった図録をパラパラとめくって作品を選んだデザイン科の高校生の違いと分析してみることも可能ではないか。個人的な見方かもしれないが、直感的に良い(好き)と思った作品より、コンセプトが表出する作品の方がテキストは書きやすい。
 この展覧会は、たまたま職場にも観覧した人がいて、ほんの少しではあったが意見交換できたのも面白かった。

 晦日になって、ニュースで地元百貨店の本店が閉店になることを知る。2009年9月のエントリに書いたのだが、この百貨店の催し物会場で宮山古墳の速報展を見たのが考古学的なものとも出会いであった。また、1階にあるTHE FARMER'S DAUGHTERというカフェが気になりつつも、行ったことがないので、あと2カ月のうちに一度は行かないとと少し焦り気味。来月上旬に中虎と休日が重なる日があるので、予定を聞いてみよう。

図書館で借りた本
 篠原美季『ヴァチカン図書館の裏蔵書』(2017)

聞いた音源
 Black Metal、Death Metal系をピックアップして聞く。ヘッドバンキングができない体になってしまったのだが、歩きながらあるいは運転中に聞く分にはヘッドバンキングをしないので問題ない。メタルに限らず、新譜情報を意識して排除してから久しいので、この界隈の最近の情報については全く分からない。ただ、You TubeのRelapse Recordsのチャンネルで引っかかったデンマークのMyrkurが気になっているが、音源はストリーミングで聞けるからいいかと購入はしていない。
OPETH / Orchid(2000;1994) / Candlelight
LIMBONIC ART / In Abhorrence Dementia(1997) / Nocturnal Art Productions
AT THE GATES / Slaughter Of The Soul(1995) / Toy's Factory(Earache)
ARCTURUS / Aspera Hiems Symfonia(2002) / Candlelight Records
ANOREXIA NERVOSA / Redemption Process(2004) / Soundholic

Myrkurの「Ulvinde」を貼っておきます。

(2に続く)

低空飛行の日々(201712前半)

 最初は4日続けて近畿圏と出雲の返却。一日置いて、長野から千葉へ2泊3日。どうも長野でスペアでかけていた眼鏡をどこかに置き忘れたよう。老眼が進んで手元を見る時は眼鏡をはずすようになっているので、こうした事故は起こりがち。新しい眼鏡が届いたら気を付けないと。

 返却の中日に2度目のMRI。結果的には頸椎の変形が進んでいるというわけではないらしい。ただ、自覚症状が僅かながら悪化しているので、いずれ手術ということもあるのだろう。体の表面近くで、軽くチリチリする痺れがその時々に部位を変えながら続く。まあ、運動障害はないのだが、この軽いチリチリが自分で思う以上にストレスになっているのかもしれない。眠りも浅い。血圧の薬は飲み忘れても、自覚症状は出ないのだが、痺れの抑制剤は飲み忘れると覿面に症状が強くなることを実感。

 今年は職場の忘年会が返却の最終日と重なってしまって、参加できず。その代わりと言っては何だが、返却中にインターメディアテク東京大学総合研究博物館に行く。インターメディアテクは立地とコストの面で時間を潰すにはもってこい。その本体である東京大学総合研究博物館はリニューアルされてから初めて行ったし、「ハンドアックス―デザインの始まり」展を見学できたのも大きい。行燈ケースに石器を立てて展示するというのはなかなか新鮮だったが、展覧会の趣旨である石器のデザイン性を見せるにはこの方法が有効だったのだろう。また、頭骨化石の展示方法もユニーク。ただ、キャプションとの位置関係など、展示デザインとしては好き嫌いが分かれるかも。

 重要文化財の修復の打合せで奈良へ。そこで十数年ぶりに一学年下の後輩に会う。それはそれで驚いたのだが、彼に付き添っていた上級官庁の職員が私より1学年先輩のご子息であるという。考えてみれば、仔虎も来年は成人を迎えるわけで、子ども世代が同業者になっていてもおかしくはないが、何となくショック。

 週休日に返却に行ったため、平日に振替休日。期末考査も終わり短縮授業になっている仔龍と姫路市立美術館で開催中の「永井一正ポスター展」を見学に行く。私のようにグラフィックデザインに疎い人間にとっては、永井一正と聞いてもピンとこないのだが、仔龍が通うデザイン科の先生の話では「デザイン科生には強制的にでも見学させたい」展覧会とのこと(私なんかは、そこまで言うなら、学校と美術館は徒歩圏だし、授業で「強制的に見学」されたらいいじゃんと思ってしまうのだが・・)。ともあれ、質・量に圧倒されつつ、展示を見る。天井近くまで作品が並べられているので、なるべく首を後ろに反らさないようにしている私にはちょっと辛い。それでも、もう一回行くかも。

 明石の焼き鳥屋さんで私的なグループの呑み会。いろいろ弱っている私を励ましてくれる会。日程・場所が決まるまで、少しバタバタしたが、幹事さんの努力で無事開催に至った。結果良ければすべて良しである。ただ、参加者の一人が家族の具合が急に悪くなり、直前キャンセルになったのは残念。お店は他にも忘年会のグループで満席。お料理もおいしくて盛り上がる。幹事さんと話し、次回はいろいろ都合も考えて、来月下旬に遅めの新年会をやろうということに。それと寂しいことではあるが、年度末に職場を離れてしまうメンバーの送別会も開催したいということになる。終電時間のチェックを忘れ、JRから乗り継ぐ私鉄の終電を逃す。いつもより一駅余分にJRに乗り、2キロちょっとの距離を歩いて帰る。

 FGOのクリスマスイベントが始まる。仔龍が楽しみにしていたというか熱望していた星5サーヴァントがガチャに実装。この一年で貯めた聖晶石で引き当てると意気込んでいた(その半面、出てこなかったらどうしようと悩んでもいた)。こちらは飲み会の席で何も考えずに10連を引いたらいきなりそのサーヴァントがやって来た。それと帰りの電車の中で3回ほど10連引いたら、そのキャラ及びピックアップされていた星4サーヴァント2体も複数やってきて、結局3体とも宝具レベルは2に。これで仔龍が引き当ててなかったら大変なことになると思っていたのだが、仔龍もちゃんとピックアップキャラ3タイトも宝具レベルが2~3でイベント礼装もいくつか最大解放したらしい。とりあえず、ご機嫌麗しくて助かる。

図書館で借りた本
 須田勉『国分寺の誕生』(2016) 来年度の準備。

聞いた音源
いとうかなこ「Hacking To The Gate」(2011)
生沢祐一「Evil Shine」(2004)
abindon boys school「Howlling -inch up-」(2007)
石川智晶「First Pain」(2009)

低空飛行の日々(201711下旬)

 本来なら、もっと早く見に行かねばならなかった滋賀県立安土城考古博物館の連携展示「青銅の鐸と武器ー近江の弥生時代とその周辺」をようやく見に行く。久しぶりの長距離運転。
 展示は考古資料の展示としては正統派で網羅的。ケースの面積がわが社の2倍近くあるので、力が入っている。近江の鋳造関係資料の充実に驚く。
 帰りに竜王のアウトレットパークにも寄る。抹茶ティラミスというものをいただいたが、美味ではあるものの、木の桝を器として出てくるので、隅にどうしても食べ残しが残ってしまって、美しくない。

 茨木市立文化財資料館で開催されていたもう一つの連携展示「銅鐸を作った人々」も会期最終日に飛び込む。高杯形土製品が自分で感覚的にとらえていたより大きいので素直に驚いた。
 
 展覧会が終わった。最終週は業界関係者の駆け込み見学もあり、ちゃんとした青銅器研究者のご案内をなんちゃってな私が務めることなったり、その場には中堅の銅鐸研究者がいたりと冷や汗ものの事態もあったが、ご教示いただくことも多かった。業務の面では終わり際にもちょっとしたごたごたはあったのだが、まあそれはいい。でも、いくら売り手市場で大手とはいえ、もう少し謙虚でも良いのではないかと思う。美術品輸送の業界もニッチな市場なので、頼める先が片手で十分なところが面倒だ。
 撤収も無事終わって、あとは返すだけではあるが、若干心配な資料もあって、なかなか安心はできない。

 メガネが突然壊れて、古い眼鏡を引っ張り出してくる。月末の休みに新しいのを注文する。必要経費とはいえ、結構痛い。関東方面の返却中に出来上がる予定。

図書館で借りた本
イアン・マクドナルド『旋舞の千年都市(上・下)』(2014)

低空飛行の日々(201711中旬)

 銅鐸というものが、「言葉」としては認識されているものの、その姿(文様)については認識されていないことがわかる。ワークシートをきっかけにして、個別の資料を観察してもらうことが目的なので、別に実際とは違う文様が描かれていても問題はない。

 頚椎症に起因すると思われる痺れが少し強くなったように思われる。脳神経外科で話をすると、同じ病院の別の医師の診断を受けてみることを進められる。外科的な処置が必要になるということかも。月末に診察を受けてみよう。

 久しぶりに映画館で映画を見る。「ブレードランナー2049」。シネコンはスクリーン数が多いので上映される映画も多くなるのだけれど、完全入れ替えなので、昔みたいに2回続けてみるということができないのがつらい。ガラガラだったのになぁ。「ブレードランナー2049」の後、アニメも1本見ようとも考えたけれど、財布の具合を見て、パス。

 当旬のメインイベントは何といっても玉のシンポジウムである。前日打ち合わせもガチ。各県が持ち寄ったプレゼン資料から、当日の発言旬と内容に合わせてスライドを抽出していく。まあ、この段階で準備していたものと多少方向性が変わってしまい、焦ったのは確かだが、皆さんのご教示を得て、本番は何とかなった(と自分では思っている)。シンポジウムはコーディネーターと私以外のパネラーの努力で時間通りに進行。シンポジウムでは触れられなかったが、楽屋で話していて、うちの地元にある渡来系の古墳で出ている玉類がどこで組み合わされたのかという話題に。思い付きだが、日本から輸出されたヒスイ勾玉がかの地でガラス玉とか金製空玉と組み合わされ、渡来1世or2世の墓に副葬されているのだとしたら、面白い。

図書館で借りた本
 廣嶋玲子『うそつきの娘』(2016)

低空飛行の日々(201711上旬)

 展覧会が半分終わったところで、ようやくワークシートのネタを思いつく。まあ、展覧会会場では別の担当者が作ったワークシートがすでに稼働中なのだが、個人的には「答え合わせではない」、「展示物を深く知るきっかけになる」という命題をクリアしたもの(クリアするレベルの高低はさておき)ものができないかと頭の片隅では考え続けていた。プロトタイプのワークシートは、昨年度にミュージアムエデュケーター研修の宿題を手伝ってもらったメンバーに再度お願いしてみた。結果は、次の旬。

20171102kitty

 猫の子供はそれなりに成長が早い。先週まで日中もまるまっていることが多かった子猫たちもプランターの中でごそごそしたり、鳴き声を盛んにあげるようになった。たまたま、縁に顔を出したところを撮影、可愛い。

 仔龍の文化祭は、夏を過ぎた頃に日程が一日前倒しになり、平日開催。他校の友達を招待できなくなって、怒っていた仔龍だが、結果的には新聞も全部捌け、クラスで作ったアクセサリーも完売と結果オーライだったようである。私は今年も朝一で駐車場の案内と監視、文化財の見学は中虎や仔龍と何回か交錯はしたものの専ら好きなように動いていた。そんな中、思惑と偶然が交錯、仔龍の先輩にあたる職場の同僚とご一緒することとなり、作品の見方などご教示いただくことが多かった。
 図書室横で新書を中心に廃棄本を配布しており、岩波新書(黄版)2冊をゲット。植田重雄『ヨーロッパ歳時記』と渡辺金一『中世ローマ帝国』。栞と新刊案内が挟まったままだったのが、何とも哀しい。でも、もう何冊かあさればよかったかもと少し後悔。

 文化祭が終わると、自分の職場でのイベント。今年は展覧会を担当しているので、イベント中2回展示解説。先日から喉の痛みが続いてているので、45分程度の解説とはいえ、結構応える。イベントの翌日もルーチンの展示解説が控えてたので、さらにダメージが・・。仕方ないけどね。

 限定生産のDVDをクリスマスプレゼントに所望され、その予約開始日が休日にあたっていたため、万全を期してPCの前に座る。実際は予約開始時間を多少過ぎたほうが手続きがスムースに行えたのだろうが、時間ちょうどにアクセスしたらサイトがビジー状態で何回か入力を繰り返す羽目になる。まあ、とりあえず、申し込みは完了したので、めでたしめでたし。

 展示室をぶらついていると、上司が他館の人と話しているのが聞こえた。その中で、うちの特別展示室の面積が弥生博物館の特別展示室と「そんなに」変わらないとのお言葉。「そんなに」は確かに不明瞭は言葉だが、ちょっとそれは盛り過ぎだろう。うちのウォールケースは2面、弥生博は4面、部屋そのものの面積も「かなり」違うと思うけどな。うちの博物館の創設メンバーは端から見ていると、自館評価がちょっと高過ぎなのではと思うことがあります(単に見栄を張っているのなら、まだいいのだけれど)。

図書館で借りた本
廣嶋玲子『青の王』(2017)

聞いた音源
GASTUNK / Mother(2004;1987) / Sky Station inc.
 「壊れたまなざしに 突き当たる前に 誰か教えてくれ 無限に広がる世界を」

低空飛行の日々(201710下旬)

 先月の事故以来、電車に乗るときは必ず足元を確認するようになった。いつまで続けるかはわからないけれど、確認しているうちは足を踏み外すこともないだろう。

 外部での講義(講演)のため、宝塚に行く。台風の影響で気象警報がなかなか解除にならず、中止・補講の線も見えたが、タイムリミット5分前に警報解除で講義は予定通り実施。まあ、講義のことはある意味どうでもいいのだが、昼食と時間調整のため宝塚阪急を覗く。ハロウィン前でお菓子売り場が活況を呈している上に、テナントに富沢商店も入っていた。最近はお菓子を作っていないが、愛用していた紙型が並んでいるのを見るとマフィンかパウンドケーキを焼いてみようかという気になる。でも、お菓子を焼くことでストレスが解消できた時代は過ぎ去ってしまい、今はお菓子を焼くことでストレスを抱え込むことになりかねないので、結局のところ型を買うのはスルー。

 展覧会の講演会も最終回。講師は大学の先輩。台風が接近していたにもかかわらず、盛況。終了後、時間休を取って二人で呑みに行く。先輩と知り合って36年だが、余人を交えずに呑むのは初めて。いろいろお話をさせてもらった上、ご馳走になってしまった。講師の方に担当者がおごってもらうなど申し訳ない限り。
 お酒絡みではよいことがもう一つ。シメイの「グランドレザーブ2016限定モデル」がWorld Beer Journyのプレゼントで当たった。嬉しい!
 長野駅で買った信州ナチュラルビール「BLOND ALE」・「PORTER」・「ESB」、グランドキリンの「IPA」・「JPL」、エチゴビール「RISE UP IPA」、lancelotのBlanche Hermineを先旬から呑む。最後のは輸入物だけれど、国産クラフトビールも多彩だなぁと思う次第。

20171028gpcake
 アルコールを摂取しながらだらだらと日を過ごしていたら、季節が急激に移ろい、体調を崩す。アルコールは絶ったものの、家で静養とはいかないのが憂き世の常。仔虎を参加するイベントに送迎したり、下宿用のカーテンを買い求め、荷物が増えた仔虎を下宿まで送るなどなど、体と財布にあまり良くないことが続く。仔虎の下宿を覗いて、引っ越しの際の悪夢が蘇る。
 そのよう中、イベント会場で山陽盃酒造の庭酒を買って、西播磨のスイーツコンテストでグランプリを取った菓子の樹というお店の「茜空」というケーキを食べられたのは気晴らしになった。庭酒は日本酒発祥の地ともいわれる宍粟市庭田神社の境内で採取した酵母で醸した酒で、限定品だ。庭田神社は仔虎がいたシェアハウスのすぐ近くで、引っ越しの日にケーキ3個をやけ食いした場所でもある。

 下宿に戻った仔虎が体調を崩したとの連絡。タイミング的には家にいる時から体調不良になっていた可能性が高く、心配とともに腹立たしさが募る。仔虎はイベントの後、雨の中を自転車で出かけたり、下宿に帰る前にもどこかに行っていたり、体調よりも目先の欲望(おそらくTCGのカード探し)を優先させていたことになる。自己の欲望を制御しにくい自覚はあるようだが、もう少し考えてほしいもの。
 吐き気と頭痛がするというので、リンパ腺炎の再発かと身構えたが、一日で下宿から戻り、診察を受けた結果、幸いなことにアレルギー症状と疲労ということだったようだ。体に爆弾を抱えている割には、体調管理ができてないのだよな。

 春に続き、同じ雌猫がガレージのプランターで出産した。今回はトラが3匹。そろそろ活発に動く出しそうなくらい成長してきた。うちは夜になるとガレージ締め切るので、夜に餌をあさりに行く母猫がロックアウトされ、朝まで子猫だけになることもあるようだ。

20171025kitty

 シンポジウムのプレゼン資料の作成依頼、討論会の段取りなどの打合せ資料が次々届く。特に段取りの打合せをみて、この2週間の間に詰め込まなければいけない事項の多さに暗澹とした気分に襲われる。そういえば、シンポジウム以外にも講演会が1本入っていたなぁと遠い目。

聞いた音源
EARTHSHAKER / The Best of Nexus Years(2002) / King Records
 「ナイフを握りしめた~ 18の日々がよみがえる」
MANDRAKE / Unreleased Materials Vol.1(1997) / Belle Antique
IRON MAIDEN / Eddie's Archive(2002) / 東芝EMI

低空飛行の日々(201710中旬)

 成果図書の原稿は泥縄で泥沼。残り千字足らずで、煮詰まらないで行き詰まり。でも、いつまでも足踏みを続けるわけにはいかず、何とか脱稿。しかし、書いていている過程で先に提出したシンポジウム資料に訂正が必要なことが判明。一度だけ校正ができるそうなので、そのタイミングで訂正しよう(赤だらけで怒られるかも)。と思ってたら、校正の依頼。何とか、訂正点は誤魔化しました。でも、他の人の文章をちゃんと読む余裕はなかった。一番素人は私だしね。

 新聞原稿も700字余りしかないないのに、なかなか進まない。でも、こちらも何とか書き上げて、上司がくどい部分を修正した後、新聞社へ。こいつも私の週休日に校正が届いたのだけれど、なんと不思議なことに自分でちゃんとチェックして一か所誤字を修正。

 先月いただいたレモンのリキュールを開栓。結構アルコール度数が高い(35度)ので、ストレートで呑むとちょっとつらいが、ソーダ割にするとレモンの香りとほのかな甘みが感じられて美味しい。本人にも当然感想とお礼は言ったけれど、ありがとうとここにもお礼を書いておこう。貰い物といえばプリンセスエールも呑んでみた。軽やかなエールだった。こちらもありがとう。

 当初一人で行くつもりだった展覧会、いただいた招待券の枚数を勘違いしていて、同僚に分けたら、一緒に来ると言い出した中虎の分がない。混雑していると噂の展覧会なので、コンビニでチケットを事前購入。さらに私鉄の一日乗車券も二人分購入。

 一日乗車券とチケットを握りしめて、京都国立博物館の「国宝展」へ。阪急京都線や神戸線の特急列車に展覧会の中吊り広告が並んでいて、そこまで金を掛けなくても観覧者は来るのでは?と素朴な疑問。一日乗車券は経路が限定されるので、河原町からバスで東山七条というルート。京博にはJR京都からバスor歩きか京阪七条から行くことが多かったので、初めてのルートかも。

 「国宝展」は予想通り混雑していて、チケット購入の列はなかったものの、入り口で5分ほど待つ。そして、展示室は作品よりも人を見に行ったような状態。最近はあまり来ていないけれど、京博がここまで混んでいるとは経験がない。とりあえず、比較的すいているところを縫うように見学する。個人的には東京国立博物館の普賢菩薩像が展示されていたのがうれしかった。この普賢さんは実にキレイ。
 それと会社の展覧会で借用している銅鐸の同笵鐸を見て、界線が補刻ではないことを確認し、ちょっと嬉しくなる(うちで展示している同笵鐸は二つとも補刻)。チケットと乗車券で予算を使い果たしているので、図録は見送り、グッズは中虎にお任せする。
 マリアージュフレールが京博の120周年に合わせて「キョウトアールグレイ」を販売していたのには驚く。リーフティが切れていたので、中虎がお買い上げ。あと、トラリンの聖護院八つ橋と若冲の野菜涅槃図一筆箋を買ってもらった。

 河原町駅前で昼食を食べようと思ったら、2時になっていて、次の目的地である神戸ゆかりの美術館に行くには結構ぎりぎりのタイミングであることがわかる。ラーメン屋さんで急いで昼食を済ませ、再び阪急特急に乗る。岡本で降りて、少し迷った末、神戸みなと観光の路線バスで六甲アイランドへ。
 何とか4時過ぎには神戸ゆかりの美術館到着。時間は少し短いものの「萩尾望都SF原画展」を見学。現在から振り返ると『11人いる!』って初期作品なんだと年寄りは思う。SFという括りなので、展示されていない作品(『ポーの一族』、『残酷な神が支配する』など)があるのだが、それ以前に買っていない作品がそこそこあって自分でもびっくりする。

 ご近所の地域ネコ?であるシュヴァルツの様子を見に行く。久しぶりに会ってみると、そっくりで一回り小さな猫が傍らで寝そべっている。名前がないと不便なので、一応、ノアールと呼ぶことにしよう。瞳の色も一緒だし、血縁関係があるのだろうか。シュヴァルツは毛並みがいい猫だが、ノアールは若いせいかそれ以上に艶々。でも、シュヴァルツほど人馴れしていない。でも、寛いでいるよなー。
20171018swandn


かくも長き不在期間に関するメモ(201707)

 月末に研修を連続して受けるため帝都出張。情報交換会に出るため、宿代を節約した結果、カプセルでもなく、昔の寝台特急のようななんとも言えない宿に。少し後悔したが、一泊するだけならこれでいいかも。空き時間を利用してインターメディアテク東洋文庫ミュージアムに行ってみる。どちらもいい感じだった。東洋文庫ミュージアムの書庫再現展示はいい。アナログ世代としては、天井まで届くような書庫というところに憧憬を抱いてしまうのだ。インターメディアテクは一度行ったことのある小石川の資料館と最新のメディア展示が同居していて、ここはここで不思議な空間。

20170727toyobunko

 ご近所猫の親子はいつの間にかいなくなり、親は見かけることはあっても、子ネコの方は見かけなくなってしまった。それになりにかわいい子ネコたちだったので、奇特な人が連れて帰ったのであればいいが。

 ツバメ(3羽)が無事巣立ち、しばらく経って、同じツバメかどうかはわからないが、今季2度目の営巣がはじまった(2羽)。

 4月の人員配置、5月の異動がじわじわと課を疲弊させていく。悪い予想がそのまま現実になっていくので、笑うしかない。

図書館で借りた本
 山田康弘『老人と子供の考古学』(2014)
 国立歴史民俗博物館編『築何年?』(2015)

かくも長き不在期間に関するメモ(201706)

 資料調査で帝都へ。行く直前に急な物入りがあり、経費は超緊縮。とりあえず、時間的に訪問できる可能性があるミュージアムかつ招待券or無料観覧できるところをピックアップ。侘しくはあるが、自費ではとても帝都には行けないのでチャンスはチャンス。

 最初は見るつもりのなかった国立歴史民俗博物館の常設を「歩き」、佐倉市立美術館で無料冊子をいただいたついでに、「小林ドンゲ」展を見たら、すっかり時間切れ。歴民から美術館へ行く途中というか、歴民の駐車場でなかなかきれいな猫に会う。

20170609cat_at_the_nmjh_2

 当初見学予定の2館は諦めたが、7月にも別件で上京するし、その隙間時間で回れそうなので、もう一度計画を練り直すことにした。夕食は家で摂ることにして、赤字の出ない範囲でプレミアムモルツを1缶だけ買う。
 
 今年は数年ぶりにツバメが営巣。順調に育ってきた。

 Swallows_of_june_2017

 今度はご近所野良猫がガレージで出産。鯖トラ3・黒1と大変かわいいのであるが、ツバメにとっては緊張感が高まる。それに人間にとっては、ネコノミ被害が・・。

201706_kitties_at_my_garage_2

図書館で借りた本
 相も変わらず、わが社の蔵書にあるべき本を外部で借りている。
 山田雄司『忍者の歴史』(2016)
 岡村秀典『鏡が語る古代史』(2017)
 椎名雄一郎『パイプオルガン入門』(2015)
 廣嶋玲子『妖たちの四季』(2016)
 月村了衛『追想の探偵』(2017)
 池澤夏樹『キトラ・ボックス』(2017)
 福嶋紀子『赤米のたどった道-もうひとつの日本のコメ-』
 茶の湯文化学会編『日本茶の湯全史 第2巻 近世』(2014)
 工藤雄一郎/国立歴史民俗博物館編『ここまでわかった!縄文人の植物利用』(2014)
 村上恭通編『モノと技術の古代史 金属編』(2017)
 小杉康・谷口康浩・西口泰民・水ノ江和同・矢野健一編『縄文時代の考古学3 大地と森の中で』(2009)
 佐藤洋一郎監修・木村栄美編『ユーラシア農耕史4 さまざまな栽培植物と農耕文化』(2009)

今週の音源(2/15)

 昼からのセミナーに出席するため、東京文化財研究所へ。昼からといっても、のぞみでも片道3時間以上かかるので、いつもの出勤時間と変わらない。

 本日出席したセミナーは「実験用実大展示ケースを用いた濃度予測と清浄化技術の評価」というテーマ。いわゆる「エアタイトケース」の構成材から酢酸その他の有害成分が放散されるので、ケース内の文化財を痛めないようにするにはどうするかというお題である。詳細はここに書くより、そのうち『保存科学』誌上に報告が載るだろうし、そうなれば東京文化財研究所のHPでPDFが公開されるので、それまでお待ちいただくのが確実だろう。セミナーは個人的には興味深いものでした。「個人的」にと書いたのは私自身が博物館業界に久しぶりに戻って来たこともあって、展示環境についての知識がようやくアップデートされたことによる。

 ただ、月曜日の上野の森というところは、東京都美術館も、国立西洋美術館も、国立科学館も、東京国立博物館も、何もかもが休館日であるので、自費で帝都に駆け上る余裕のないわが身にとっては何ともつまらない。まあ、「休館日」だからこの手のセミナーに出席しやすいという向きもあるのだろうが、個人的には月曜以外の方がよかったなぁ。「ワイン展」見たかった。

 昼食代をワンコイン以内におさめて、職場へのお土産も買わず(今の出張システムで日帰りだと赤が・・)、寒い懐からようやく絞り出したのは缶ビール2本分。長浜浪漫ビールの「NAGAHAMA IPA special」とOH!LA!HO! BEERの「CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE」である。最初は帰りの新幹線で呑むつもりだったのだが、隣の人が席に腰掛けるなりドライの500ml缶を開けたので、なんとなく気分が殺がれて、家に持ち帰り。

20160215beers

 で、酒も飲まずに何をしていたかというと、ペットボトルのお茶を飲みつつ、図書館で借りた『武器と弥生社会』を今頃になって読んでいたのであった。さすがに邪魔も入らないのでとぎれとぎれでも三分の一程度は読めた。

岸田教団&THE明星ロケッツ / GATE II-世界を超えて-(2016) / Warner Bros. Entertainment Inc.

より以前の記事一覧